しゃベルシネマ

イ・ビョンホンが出演を即決した映画『エターナル』

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第361回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、2月16日公開の『エターナル』を掘り起こします。


家族、友人、自分自身。すべてを失った男の行き着く先…。


証券会社で支店長を務めるカン・ジェフンは英語教育のために息子と妻スジンをオーストラリアに留学させ、自身は韓国で家族のために働く日々を送っていた。

安定した仕事と家族に恵まれ、成功した人生を送っていたが、会社が膨大な不良債権を抱えた末に破綻。それをきっかけに社会的地位も安定した収入も失ってしまう。

失意の中、家族が暮らすシドニーを訪れたジェフン。しかしそこで見たのは、隣県のオーストラリア人男性と親しげに過ごす妻子の姿だった。あまりのショックにその場から立ち去ったジェフンは、妻子の秘密を探り始めるが、やがて残酷な事実が待ち受けていた…。


イ・ビョンホンと言えば、韓国のみならずハリウッドでも活躍する国際的映画スター。2016年の第88回アカデミー賞では韓国人俳優としては初となるプレゼンターも務めました。

そんなイ・ビョンホンがシナリオを読んで出演を即決したという映画が『エターナル』。この作品が長編映画デビューとなる女性監督、イ・ジュヨンによるラブ・サスペンスです。


ドラマ性の高い作品に仕上がっている本作を支えるのは、何と言ってもイ・ビョンホンの演技力。セリフは極限まで少ないながらも、ちょっとした眼差しや表情で言葉にならない感情を巧みに表現。近年演じてきた悪の魅力や激闘アクションは封印し、「静」の演技で観客を魅了します。

ほかにも人気女優のコン・ヒョジン、『新感染 ファイナル・エクスプレス』で一躍注目を集めたアン・ソヒらが好演。韓国映画では珍しくオーストラリアでのロケも実現、洗練された映像美も魅力のひとつとなっています。


イ・ジュヨン監督が描いたのは、未来のために現在を犠牲にして生きている人の物語。教育熱が高いことで知られる韓国では、高校生以下の早期英語留学が普及しており、父親を残して母子が海外に出るケースが年々増加しています。

そんな社会情勢に「経済的に豊かには見えるが、果たして父親たちは本当にそれで幸せなのだろうか」という疑問を持ったことから、本作のアイデアが浮かんだのだとか。

自分にとって本当に大切なものは何なのか…。『エターナル』を観て、自分自身に問いかけてみませんか?


エターナル
2018年2月16日からTOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー
監督・脚本:イ・ジュヨン
出演:イ・ビョンホン、コン・ヒョジン、アン・ソヒ ほか
©2017 WARNER BROS PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト http://hark3.com/eternal/

八雲ふみね,しゃベルシネマ

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.