新保友映 久光製薬スプリングスの素顔に超戦!

久光製薬スプリングス・古藤選手と帯川選手の誰にも負けないストロングポイントは?

2月10日(土)から始まったファイナル6。

レギュラーシーズン1位の久光製薬スプリングスは、10日(土)に3位トヨタ車体と対戦して、セットカウント3-2 で勝利。11日(日)は6位東レと対戦して、セットカウント3-1で勝利し、2017/2018シーズンの連勝を23にのばしています!

さて、このコラム今回は、背番号2番セッターの古藤千鶴選手と、背番号13番ミドルブロッカーの帯川きよら選手です。

古藤千鶴 久光製薬スプリングス

古藤千鶴選手

帯川きよら 久光製薬スプリングス

帯川きよら選手

今回お二人にインタビューさせていただいて、古藤選手と歳が近い私は、後輩もでき、組織の中で経験も積んできた人間が果たすべき役割、そして、そのような存在の人間が後輩に与える影響力というものを学ぶことができました。

35歳、久光製薬スプリングス入団9年目の古藤選手に、後輩にアドバイスなどされることはありますか? と聞いてみると「アドバイスになっているかわかりませんが、年齢のことも考えて、この先のバレー人生はそんなに長くないと思っているので、できる限りのことを伝えていきたいなと思っています。若い子には遠回りをしてほしくないと思っているので、できる限り早い段階でそういうことに本人が気づいてくれるような言葉がけをしています」と。ご自身の経験を踏まえて、後輩たちが、より良いプレーやーになり、プレーができるよう、惜しみなくアドバイスを送っているそうです。

そんな先輩に、帯川選手は…。「毎プレーごとにアドバスしていただけるので自分の中ですぐにフィードバックして次につなげやすいです。高校・大学といろんなステージを踏んできましたが、こんなに言って下さる方は今までそんなにはいなかったので、本当にありがたいです」ととにかく感謝。

このインタビューをさせてもらったシーズン当初、「最近もらったアドバイスで大きく響いたものは?」と伺ってみると「プレーに対する気持ちというか、私、自信がなくてプレーが縮こまっていることが多く、それに対してアスさん(古藤選手)が気づいて下さって。不安でも思い切りやることが大事、どうせミスしてしまうならもっと思いきり、若い力でやっていくことが今後にも繋がるし、プレーにも活きると言っていただきました」と。

質問カードを引いて答えてもらった時も、「隣の選手の直してほしいところは?」という項目に対して古藤選手は、「(帯川選手は)ちょっとしたことで感情を揺さぶられて不安がるので、そこは直してほしいと思います。彼女はバレーボールとすごく素直に向き合える選手なので、余計に、ネガティブな感情は捨てて、前に前にどん欲に進んでいってもらいたいと思っています」と。

それを聞いて帯川選手は、「バレーに対して素直なんだ! と自分の新しい一面を知ることができたので、もっとどん欲に、もっといい視点を持って、ポジティブに、これは良く言われるんですけど目をギラギラさせてやっていきたいと思います」と感想を。

たとえ後輩に対してアドバイスした方が良いかもしれない部分に気づいたとしても、それをプレー毎に伝え、また、ポジティブな気持ちになるように伝えるというのはなかなか難しいことだと思います。それをしっかりされている古藤選手、そして素直にそのアドバイスを活かしていける帯川選手。素晴らしい人間性があり、それが作り出す素敵な先輩後輩関係&チームメイトだと感じました。

ちなみに、お二人に「これだけは他の選手に負けないストロングポイント」も聞いてみました。古藤選手は「旦那がいることです!」と笑いながら即答! ファンの方から良く「アスさんは勝ち組ですよ!」と言われるそうなのです。実際に旦那さんがいてくれることで精神的に支えてもらっていると実感することがあるし、“腹をくくって”バレーボールに向き合えていると話されていました。

それを聞いた帯川選手は「アスさんがこれだけ強力なストロングポイントを持っていると、私には無い気がするんですが…」と考えつつ、「私の場合は、良く食べることですね!」と。先輩に連れて行ってもらうことのある食べ放題などでも、おなかのリミッターを解除できて、いくらでも食べられるとのこと。これをきいた古藤選手も「本当に良く食べます! だから体調を崩しにくいというのが彼女の強みだと思います。頼みすぎた場合も残っているものも全部食べてくれるので心強いです」と。

体が資本のスポーツ選手にとって、「好き嫌いなくしっかり食べられる」というのは、素晴らしいことですよね! そんな帯川選手から見て古藤選手のすごいと思うところは「久光愛」! 「愛が溢れていて、チームメイト一人一人を見て下さっているし、言いにくいことも、久光の勝利のために行って下さるのは本当にすごいしありがたいです」と話していました。

きっと“久光製薬スプリングス”というチームが、選手だけでなく組織全体として、個々の選手に満足感や達成感などを与える場所になっている、だからこそこのような素晴らしい関係が生まれているのではないか、とさえ思いました。選手を支える人々の力も素晴らしいのだと思います。

「Vプレミアリーグ 女子バレーボールインフォメーション がんばれ久光製薬スプリングス」は、ニッポン放送では毎週日曜日「里崎智也のスポーツ直球勝負(18:50~)」の中で、19:30頃から放送しています。久光製薬スプリングスの試合結果などもこちらでお伝えしていますので、是非チェックしてください。

生放送の中だけでなく、放送から一週間以内であれば、radikoのタイムフリー機能を使ってお聞きいただけますので、是非聴いてくださいね。

次回の、選手インタビュー、コラムもお楽しみに!

久光製薬スプリングスの情報は、
公式ホームページ⇒ http://www.springs.jp/
公式Facebook⇒ https://www.facebook.com/HisamitsuSpringsofficial
こちらもどうぞご覧ください!

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.