ライター望月の駅弁膝栗毛

姫路駅「但馬牛牛めし弁当」(1,150円)~駅弁屋さんの厨房ですよ!(vol.9まねき食品編①)

タグ

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

N700A のぞみ 山陽新幹線 西明石 姫路

N700A「のぞみ」、山陽新幹線・西明石~姫路間

東京から東海道・山陽新幹線「のぞみ」で、およそ3時間。
毎時50分・東京発の「のぞみ」号は、加古川の橋梁を渡ると、兵庫県播磨地方の中心都市・姫路(ひめじ)に停まります。
駅弁膝栗毛・名物企画「駅弁屋さんの厨房ですよ!」も、いよいよ第9弾!
今回は、姫路駅弁の「まねき食品」に伺います。

姫路駅 駅弁 売場

姫路駅の駅弁売場

「駅弁屋さんの厨房ですよ!」初めての西日本エリア。
駅弁膝栗毛」では、昨年(2017年)末に姫路駅の「えきそば」をご紹介しましたが、姫路駅の駅弁売場は、この「えきそば」のお店と一体化しています。
姫路で新幹線「のぞみ」と接続する在来線の特急、「スーパーはくと」「はまかぜ」が発車する山陽本線下りの7・8番のりばにも、キチンと駅弁売店があります。

まねき食品本社

まねき食品本社

「まねき食品」の本社は、姫路駅より少し大阪寄りの山陽新幹線・高架脇にあります。
これまで「駅弁膝栗毛」では、伊東「祇園」、小淵沢「丸政」、水戸「しまだフーズ」、出水「松栄軒」、長岡「池田屋」、米沢「新杵屋」、松阪「あら竹」、横浜「崎陽軒」の厨房(工場)の模様をレポートしてきましたが、「まねき食品」はこの中でも比較的大きい社屋。
訊けば、社屋の3・4階は「まねきホール」として、会食が出来るようになっているそうです。

まねき食品 焼き物 調理場

まねき食品(焼き物の調理場)

朝9時過ぎ、入念な消毒をして調理場に伺うと、比較的ゆったりとした雰囲気。
そう、駅弁屋さんは大体どこでも、早朝が駅弁作りのピークですので、普通のお勤めの方が始業時間となる午前9時前後には、既にひと息・・・といったところなんですね。
「まねき食品」の調理場は、大きく3ゾーンに分かれています。
まずはその1つ、焼き魚や鶏肉の照焼きといった「焼き物」の調理場から・・・。

まねき食品 揚げ物 調理場

まねき食品(揚げ物の調理場)

調理場のほぼ真ん中にある2つ目のゾーンは、「揚げ物」の調理場。
保存性が重要視される駅弁では、揚げ物は欠かすことが出来ないおかずです。
フライヤーでたっぷりの油を使い、流れ作業でカラッと揚げていきます。
最近の姫路駅には、「豚かつめし」といった駅弁も登場していますよね。
コチラのご紹介はまた後日・・・。

まねき食品 煮物 調理場

まねき食品(煮物の調理場)

そして、3つ目のゾーンは、炊き物(煮物)の調理場。
だから、たくさんの大鍋がぎっしりと並んでいるんですね。
その一角で作業されている方の鍋をのぞかせてもらいますと・・・?

まねき食品 但馬牛 調理 風景

まねき食品(但馬牛の調理風景)

ちょうど、牛肉煮を作りはじめるところでした。
手作業で鍋に入れられているのは、ブランド牛の「但馬牛」。
但馬牛は元々、兵庫県但馬地方で耕作や輸送に使われていた牛にルーツを持ち、今は“和牛の最高峰”とも評される兵庫県産の黒毛和牛です。
「松阪牛」「神戸牛」「近江牛」といったブランド牛の素牛(もとうし)としても知られていますね。

但馬牛牛めし弁当

但馬牛牛めし弁当

この但馬牛を使って作られる駅弁といえば、おなじみ「但馬牛牛めし弁当」(1,150円)!
東京駅の「駅弁屋 祭」でも時々見かけますので、首都圏でもご存知の方が多いでしょう。
スリープ式の包装には、「但馬牛」の読み方も書かれています。
牛そのものは「たじまうし」、お肉としていただく時は「たじまぎゅう」になるとのこと。
牛めしになっていますので、包装は「TAJIMAGYU」というローマ字になっている訳ですね。

但馬牛牛めし弁当

但馬牛牛めし弁当

【お品書き】
・だし飯
・牛めしの具(但馬牛、玉ねぎ、舞茸ほか)
・蒟蒻金平
・金平牛蒡
・大根生酢
・漬物(沢庵・しば漬)
・しし唐素揚げ

但馬牛牛めし弁当

但馬牛牛めし弁当

牛肉の旨味と共にやさしい甘さが、心地よさを感じさせる「但馬牛牛めし弁当」。
その秘密は、何と言っても「淡路島産の玉ねぎ」です。
淡路島の玉ねぎは、火を通すと一般的な玉ねぎと比べて最大4%ほど甘みが多いのだそう。
なるほど、この甘さは“自然の甘さ”ゆえの、やさしい食感だったという訳なんですね。
そんな但馬牛と淡路島の玉ねぎという、兵庫が誇るブランド食材をたっぷり使って作られる「但馬牛牛めし弁当」の牛めしの具は「通販」でも購入可能。
姫路へ行くまで待ちきれないというアナタは、まずは自宅でお試しあれ!
さあ、まだまだ「まねき食品」の厨房・・・、のぞいていきますよ!

(参考:JA全農兵庫ホームページ)

384ffa5f8c8f2c560e52fb29f9f48f03

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.