しゃベルシネマ

深川麻衣×山下健二郎、初恋の相手はいまでも魅力的『パンとバスと2度目のハツコイ』

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第359回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、2月17日から公開となる『パンとバスと2度目のハツコイ』を掘り起こします。


恋愛映画の旗手、今泉力哉監督が贈る“モヤキュン”ラブストーリー


パン屋で働く市井ふみは、付き合っていた彼にプロポーズされたものの、結婚に踏ん切りがつかず別れてしまった。

「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと相手を好きでいられる自信もない」という独自の結婚観を持つ彼女はある日、中学時代の初恋の相手・湯浅たもつと偶然再会する。

あの頃を彷彿させるようなキュンとする感情を抑え切れないふみだったが、たもつは離婚した元妻のことを今でも忘れられずにいた…。


恋愛映画の旗手として注目を集める今泉力哉監督が放つ完全オリジナルラブストーリー。結婚をテーマに、コミカルで愛おしい今泉力哉ワールド全開な恋愛群像劇が繰り広げられます。


主人公のふみ役には、元乃木坂46の深川麻衣。彼女にとっては映画デビュー作にして初主演、その独特の雰囲気が役柄とマッチし、作品に柔らかな光を与える好演ぶり。

一方、たもつ役は「山下健二郎のオールナイトニッポン」のパーソナリティとしてもおなじみ、三代目 J Soul Brothersの山下健二郎。これまでの作品で演じたのとはまったく違う役どころを気負いなく演じ、自身の表現の幅をさらに広げた感も。

共演の伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂らは実に個性的。しっかりと作品世界に息づき、脇をガッチリと固めています。


近年見かける“キラキラ系”の恋愛映画とは一線を画す、等身大のラブストーリー。決して派手さはありませんが、それだけにセリフの美しさが心に留まります。日常の大切さが沁みる、優しさに触れられる映画です。


パンとバスと2度目のハツコイ
2018年2月17日からイオンシネマにて全国ロードショー
監督・脚本:今泉力哉
出演:深川麻衣、山下健二郎、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂 ほか
©️2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
公式サイト http://www.pan-bus.com/

八雲ふみね,しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.