ペットと一緒に

ペットにまつわる様々な雑学やエピソードをご紹介していきます!

失明しかけた愛犬と獣医師との、運命の出会いと2年間の闘病秘話

【ペットと一緒に vol.71】

シー・ズー 愛犬 犬 イヌ いぬ ドッグ

ペットショップの売れ残り犬だった、獣医師の箱崎加奈子さんの愛犬ミーちゃん。箱崎家に来てから、若年性白内障を発症して失明の危機に。加奈子さんは獣医師としても試行錯誤を重ねながら、ミーちゃんと闘病生活を送ります。今回は、加奈子さんと、次第に視力が衰えていったミーちゃんのエピソードをお届けします。


歩き方が不自然な売れ残り犬を連れて帰る

現在はペットスペース&アニマルクリニックまりもの院長を務める箱崎加奈子さんですが、新米獣医師の頃、週に1回、ワクチン接種を千葉県のペットショップに出張して行う仕事をしていたそうです。そこで出会ったのが、現在の愛犬であるシー・ズーのミーちゃん。

加奈子さんは当時、すでに9歳のシー・ズーのりゅうとくんと、7歳のヨークシャー・テリアのまりもちゃんと暮らしていました。

「もともとシー・ズーが好きだったので、そのペットショップにパピーでやってきたミーちゃんを一目見たときから、かわいいな~って気になっていたんですけどね。まさか我が家に来ることになるとは、夢にも思いませんでした」と、加奈子さんは振り返ります。

シー・ズー 愛犬 犬 イヌ いぬ ドッグ

加奈子さんとミーちゃん

飼い主さんが決まらないまま数ヵ月が過ぎた頃、ミーちゃんをレンタルペットにするという案がショップ内で持ち上がったそうです。そのため、ショップのスタッフがリードをつけて散歩トレーニングを開始したところ、ミーちゃんの歩き方はぎこちなく、痛がる様子も見せたのだとか。

「詳しく聞くと、私が触診で気づいていた膝蓋骨脱臼(パテラ)に加えて、併設するクリニックで股関節形成不全の診断が出たみたい。そんな状態では、レンタル犬としての健やかな犬生もむずかしいと直感しました。で、気づいたら『私が連れて帰ります』と言っていて、その日のうちに本当に連れて帰ったんです(笑)」(加奈子さん)。


愛犬が予想外の病気を発症

生後半年になるまでペットショップから一歩も外へ出たことのなかった、ミーちゃん。

「お散歩に連れて行ったら、初めて接する事物への刺激からブルブル震えたり、ちゃんと歩けないかと思ったんですけど、無用の心配でした。うれしそうな笑顔で、スタスタ歩いてくれて(笑)。しかも、膝や股関節の状態も悪くなくて、私がミーの手術を行うつもりでいたのですが、それも不要になりました」と、加奈子さん。

シー・ズー ベビーカー クリニック 愛犬 犬 イヌ いぬ ドッグ

加奈子さんの出産後は、ベビーカーともスマートに並走しながらクリニックへ

数ヵ月のペットショップ生活で、さまざまな人からかわいがられて、ほかの犬とも接してきたミーちゃんは、人にも犬にもフレンドリー。性質面でも健康面でもミーちゃんに問題なしと判断した加奈子さんは、スリングに入れて自転車でペットクリニックに同伴するようになったそうです。

「りゅうくんやまりもちゃんは、ベビーカーと上手に並走できないのに、ミーちゃんは人の横について歩けるし、合図で室内排泄もできるし、気づけば3頭の中でいちばん飼いやすいコでしたね。最初の覚悟を、いい意味で裏切ってくれました」と、加奈子さんは笑います。

箱崎家で幸せな生活を手に入れたミーちゃんでしたが、その後、6歳という若さで白内障を発症。

「若年性白内障と呼び、加齢性の白内障よりも進行がはやいのが特徴です」と語る加奈子さんは、獣医師兼トリマーでもあり、トリマーが最初に気づくケースが多いと言われる若年性白内障を、加奈子さんもミーちゃんのトリミング時に発見したそうです。

「え~! よりによって私が治療できない若年性白内障になんでミーちゃんが……。と、ショックでしたね。若年性白内障は、手術をしなければ失明する恐れが高い病気です。しかも、眼科の専門機器を使って専門医でなければ手術ができません。ハァ……と、しばらくはため息をつく日々でした」(加奈子さん)。

シー・ズー 仲良し 愛犬 犬 イヌ いぬ ドッグ

加奈子さんの娘さんともミーちゃんは大の仲良し

じっくり考えた末に、加奈子さんは自身の手で内科治療を行う決断をします。

「実は、犬の白内障の手術は100万円ほどかかるんです。獣医師である私は、愛犬3頭のほとんどの病気は自分で治療できると思っていたので、ペット保険にも加入していません。そこまでの高額治療を愛犬に受けさせられるかどうかという点でも悩みました。正直なところ、10万円で済むならば、すぐに手術を眼科の先生にお願いしていたでしょうね」と、加奈子さん。

選択したのは、獣医眼科医のあいだでも一般的だったサプリメントのほか、自身で調べた目薬(CAN-C)もミーちゃんに使用すること。

「どの犬も、シニアになれば少なからず水晶体が白濁してきます。もし内科療法でミーちゃんの白内障をゆるやかな進行で10歳くらいまで引き延ばせれば、生涯それほど、ミーちゃんの生活の質を落とさずにいられるかもしれない」と思ったそうです。

CAN-Cは人間の白内障治療用の比較的新しい点眼薬として知られていて、有効成分のNアセテルカルノシンの抗酸化作用によって、水晶体の白濁を防ぐというもの。「日本では未認可の点眼薬で、エビデンスも明らかになっていませんが、認可されている海外では白内障を改善させられると言われているそうです。この点眼薬の効果を知りたいこともあり、自己責任でリスクを承知のうえ、愛犬に試してみたんです」と、加奈子さんは語ります。

シー・ズー 白内障 若年性 スリング 同伴出勤 愛犬 犬 イヌ いぬ ドッグ

白内障でも、日常生活はふだんどおりスリングに入って同伴出勤


内科治療から2年で手術を決意

「点眼薬による内科治療の効果があったかを証明する手立てはありませんが、通常は発見から数ヵ月で失明するケースもある若年性白内障なのに、ミーの場合は2年近くは日常生活に支障がないほどだったんですよ」ということですが、加奈子さんは最終的に外科手術を依頼する決断を下します。

「8歳の後半から、急に症状が進行したんです。見た目にも眼球が真っ白で、触れ合ってくれる方々にも心配されたし、なにより散歩に出るとフリーズして動かなくなったのが決定打に。自宅では変わらず過ごしているけれど、実はあまり見えていないんだなって思いました」。

白内障は、失明すると手術が不適応になります。ミーちゃんも、術前検査で水晶体が半分脱臼していることが判明し、手術では人工レンズを入れられませんでした。

「発症後から眼科で定期的に検査を受けて、眼科の先生と2人3脚で治療していれば、水晶体脱臼の傾向が見られてすぐに手術できたのに」と、正直なところ後悔もあるそうです。

「それでも、手術をしてよかったです。以前より視力がずっと回復したみたいで、すごくうれしい!」と、加奈子さん。

ミーちゃんの明るく元気な毎日を一日でも長く続けさせてあげたいという、一飼い主としての強い思いをご自身が噛み締めつつ、治療方針に関しては悩んだ経験を経て、患者さんの気持ちに寄り添えるようになったとも言います。

シー・ズー 白内障 若年性 手術前 手術後 愛犬 犬 イヌ いぬ ドッグ

手術前と手術後。目の白濁が解消

「ミーちゃんをとおして、私は獣医師としてもトリマーとしても飼い主としても、本当にたくさんのことを学ばせてもらっています」と語る加奈子さんの横で寝そべるミーちゃんは、箱崎家にやってくるべくして売れ残った運命の犬だったのかもしれません。

ペットと一緒にキャプション

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.