2回目の60歳は『大還暦』!? 【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

w680×h383

90歳のお祝いが『卒寿(そつじゅ)』です。
“卒”という字の略字(『卆』)が、“九”の下に“十”と書くため、それが“九十”と読めることに由来しています。

その次が99歳のお祝い『白寿(はくじゅ)』です。
“百”という字から“一”を引くと“白”という字になることから『白寿』だそうです。

その次が100歳のお祝いで『百寿(ひゃくじゅ)』です。
100年は一世紀ですので、“世紀”の“紀”と“寿”で『紀寿(きじゅ)』とも呼ぶそうです。『卒寿』『白寿』と同様に、 “白”がお祝いの色とされています。

100歳を超えた長寿のお祝いもありまして、例えば108歳は『茶寿(ちゃじゅ)』です。
“茶”という字が“十”が2つと“八十八”に分解出来て、合計すると『108』になることに由来しています。
(10+10+88=108)

さらに120歳のお祝いは『大還暦』。
これは“還暦を2回迎える”という意味です。これ以外にも“長寿をお祝いする名前”というのはいくつもあるそうです。

<杏樹さんの感想> 

銀婚式、金婚式、還暦はよく知られていますが、それ以外のこととなると、結構知らないことばかりで個人的にもとても勉強になりました。

昔は人の寿命が40年、50年といわれていたそうです。今でしたら“まだまだこれから!”“若い!”と思いますが、それ位、長生きするのは大変だったことになります。
ですから、60歳の還暦を迎える・・というのは、とても珍しく、素晴らしいことだったんですネ。

結婚記念日にしても、還暦や古希にしても当人はモチロンですが、ご家族ですとか周りの方にとっても嬉しいことですよネ。
特にご夫婦の方は“今年で結婚何年目だったかな?”とぜひ思い返して下さいネ。

(2016/6/24放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい
ニッポン放送ほか全国ネット
ニッポン放送 毎週月曜~金曜 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。