60歳は還暦!ではその次は? 【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

a0800_000679_m(w680)

77歳のお祝いは『喜寿(きじゅ)』です。
『喜寿』の“喜”という字の草書体が“七”という字を3つ重ねた形になります。(『㐂』)それが“七十七”と読めることから、77歳のことを『喜寿』と呼ぶようになったそうです。

『喜寿』も『古希』と同じように“紫色”がお祝いの色です。
紫色は古くから“特別な意味を持つ色”と考えられているそうです。
これは貴族の方々の地位を色で表す時、最も位が高い色が紫だったからだそうです。こうした考え方が一般にも広がって、現在でも紫は“尊い色”とされています。
また紫色は“心と体の癒し効果がある”と言われているそうで、古くから、人は不安な気持ちになると、身近に紫色のモノを置いていたそうです。
そんなところから、紫が長寿のお祝いの色とされています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『喜寿』の次は、80歳のお祝い『傘寿(さんじゅ)』です。
『傘』の略字が、漢数字の“八”と“十“を重ねた形(『仐』)で、“八十”と読めることに由来しています。
『傘寿』のお祝いの色は“黄色”または “金茶(きんちゃ)”です。“金茶”は明るくて黄色がかった茶色のことで、金色に近い色合いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その次が88歳のお祝いで『米寿(べいじゅ)』です。
『米』という字を崩すと“八十八”と読めることに由来しています。『傘寿』と同じく、『米寿』のお祝いの色は“黄色”または“金茶”です。

(2016/6/23放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい
ニッポン放送ほか全国ネット
ニッポン放送 毎週月曜~金曜 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。