元ボクシング世界王者・亀田興毅 現役復帰宣言について自ら語る!

タグ

1月13日(土)のニッポン放送の番組『徳光和夫 とくモリ! 歌謡サタデー!』で、元ボクシング世界王者・亀田興毅が、来週に控えたabema TV特番を前に、この年始に飛び出した現役復帰宣言についても率直に語った。

にこやかな笑顔・・・イメージが変わった方も多かったのでは? 徳光も亀田のコメントはクレバーでテレビのコメンテーターとして各局が狙っているのではと太鼓判。


引退後の現在

現役時代から、体重はどのくらい増えた? との徳光の問いには・・・

亀田)体重は一緒。引退して何の練習もしていない、動かすのがあまり好きでないので。もともとあった筋肉が脂肪に変わったので体には良くないと思います(笑)。

未だに昔のイメージが残っていて「イメージが変わった!」と言われまくりの亀田。

亀田)100%位の確率でイメージと違うと言われる、むちゃくちゃ怖いと思われてたみたい。どんなイメージ持たれていたんだろうと(笑)。


現役復帰宣言について

徳光)31歳、引退して2年3ヶ月経ち、決意に至った経緯で、自分に何度も問いかけたと思うんですが?

亀田)まだ、決めたというほどでもない。相手ありきというのもありますし。

徳光)『やらならければならない仕事がある』という事でしたが、少しヒントを・・・ローマン・ゴンザレスと対戦するとか?

亀田)ローマン・ゴンザレスは、凄いチャンピオンですよ、逆に戦ってくれないです向こうが。相手もしてくれない、引退したこんなオッチャン。

徳光)でも、闘ってみたかった相手でしょ?

亀田)手を合わせられるんであればね、どれだけのレベルだったのかとかね。勝ち負け関係なしにしても。歴史的スーパーチャンピオンなんでね、できるんであればね。


プロデューサーとしてボクシング界全体を考える

世界戦は陽が当たるが、普段見てくれない4回戦の子たちを見て欲しくて、「TFC 東京ファイトクラブ」第一回をプロデュースしたという亀田。

亀田)盛り上げるために、次の大会の時に誰を使おうかも考える。その中で、ボクサー亀田興毅をつかったら面白いんじゃないか・・・というのもある。下の子たちが注目されれば、ボクシング界が全体が盛り上がる。ボクシングがあって今の自分がある。

しっかり整ったら現役復帰宣言をするとの話だったが、仕上がりはまだふんわり整っていないらしい亀田。宣言についてまだ妻には話していないという。ボクシングは危険も伴うので最終的には妻の意見を大事にしたいと話した。そして最近は亀田の息子たちもボクシングに興味を持ってやりたがっているので、亀田の父も喜んでいるんだそう。亀田家は三世代でボクシング一家になるのかもしれない。

徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー!
FM93AM1242 ニッポン放送 土曜 5:00~7:40

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.