「木婚式」って何年目?二人で重ねる大切な記念日の呼び方 【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

今週は『金婚式・銀婚式』『還暦』など、『行事にまつわる数字』をご紹介します。

新郎新婦27k5000(w680)

『行事にまつわる数字』。例えば『結婚記念日の数え方』です。
結婚25年目が『銀婚式』、50年目が『金婚式』といったものです。結婚記念日の数え方は『欧米式』や『イギリス式』など、いくつも種類があるそうです。
そんな中、日本では“結婚記念日の発祥”と言われる『イギリス式』が一般的とされているそうです。
結婚1年目から、15年目までの結婚記念日には毎年、それぞれ名前が付いていますが、それ以降は5年ごとになります。

まず結婚1年目。
これは『紙婚式(かみこんしき)』です。
ご夫婦で迎える、初めての記念日です。『紙婚式』には“真っ白な紙のような、二人の将来の幸せを願う”という意味が込められています。

結婚2年目。
これは『綿婚式(わたこんしき)』。
これは“まだ綿のように、二人の関係が柔らかく、もろい”そんなイメージからだそうです。『綿』ではなく『藁(わら)』に例えて『藁婚式(わらこんしき)』とも呼ぶそうです。

結婚3年目は
革婚式(かわこんしき)』。
結婚生活も、そろそろ倦怠期を迎える・・ということで“革のように粘り強く”という意味です。

結婚4年目は
花婚式(はなこんしき)』。
“お花が咲き、実がなるように・・”という意味です。

結婚5年目は
木婚式(もっこんしき)』。
“夫婦がやっと1本の木のように、一体になる”という意味です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それ以降、10年目までをご紹介しますと
結婚6年目は
鉄婚式(てつこんしき)』。
(鉄のように強い人生を・・)

結婚7年目は
銅婚式(どうこんしき)』。
(家族、財産の安定を銅に例えて)

結婚8年目は
ゴム婚式
または『青銅婚式(せいどうこんしき*注)』。
(ゴム婚式・・二人の生活に弾力性があるように)

結婚9年目は
陶器婚式(とうきこんしき)』。
(陶器を大切に扱うように、これまでふたりの関係も大切に育み、ヒビが入らなかった、これまでのお互いの思いやりや愛に感謝)

結婚10年目は
錫婚式(すずこんしき)
または『アルミニウム婚式
(錫のように美しく、清らかに柔らかく。お互いが歩んできた10年の歳月に、感謝と愛を込めて)

・・・このように続きます。

*注:青銅婚式・・青銅は、銅と錫(すず)の2種類から成る合金。
2つの金属が混ざることで銅の強度が増し、美しさが際立つことを夫婦の仲に例えたもの。

(2016/6/20放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい
ニッポン放送ほか全国ネット
ニッポン放送 毎週月曜~金曜 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。