しゃベルシネマ

夢に向かって一世一代の大芝居を打つ!『5パーセントの奇跡〜嘘から始まる素敵な人生〜』

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第341回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、1月13日公開の『5パーセントの奇跡〜〜嘘から始まる素敵な人生』を掘り起こします。


ドイツで大ヒットを記録、感動の実話を映画化!


もしもあなたが「もう夢は諦めて、現実的になりなさい」と周囲の人から諭されたら、どうしますか?

本作は、将来を期待されていたにもかかわらず、10代の時にほぼ全盲になってしまった学生サリヤ・カハヴァッテの実話に基づく物語。ドイツ全土を笑いと感動の渦に巻き込んだハートフル・エンターテイメントです。


ドイツ人の母とスリランカ人の間に生まれたサリーの夢は、立派なホテルマンになること。ところが突然、先天性の病気による網膜剥離が彼を襲い、手術してなんとか保てたのは、たった5パーセントの視力だった。

それでも五つ星ホテルで働くという夢を実現させたいサリーは、無謀にも弱視であることを隠してホテルでの見習いをスタートすることに成功。ホテルの研修課題を次々とクリアしていくサリー。

しかし、ある女性との出会いにより、完璧だったはずの偽装計画が徐々にほころび始めて…。


この奇跡の実話を映画化したのは、アカデミー賞外国語映画賞候補にもなった『城バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』のマルク・ローテムント監督。

主人公のサリーが抱える所謂“ハンディキャップ”を、大なり小なり誰もが持つ“欠点”や“弱点”と捉えることで悲観的な演出を回避。むしろ“訓練”、そして“闘い”といったロッキー的な要素を盛り込むことで、エネルギッシュかつドラマチックなヒューマンドラマに仕上げました。


持ち前の明るさと機転を利かせ、仲間の助けも借りながら夢への階段を駆け上がるサリー。自分の道を切り開いていく彼の勇気と力は、自らの“弱点”とどう向き合っていくか…という、私たちにも共通する命題を与えてくれています。同時に「こんなに素晴らしい青年が実在したんだ!」という真実に、明日からも頑張ろうと元気が沸いてくること間違いなし。

もしも「もう夢は諦めて、現実的になりなさい」と周囲の人から言われたならば、この映画を観た後ならばこう答えたくなることでしょう。

「温かい助言をありがとう。でも、“現実”ってなんですか?」


5パーセントの奇跡〜嘘から始まる素敵な人生〜
2018年1月13日から新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー
監督:マルク・ローテムント
出演:コスティア・ウルマン、ヤコブ・マッチェンツ、アンナ・マリア・ミューエ ほか
©ZIEGLER FILM GMBH & CO. KG, SEVENPICTURES FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH
公式サイト http://5p-kiseki.com/

八雲ふみね,しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.