50メートル上空に浮かぶテーブルでいただく空中レストラン。コワ楽しい「ディナー・イン・ザ・スカイ」 【本仮屋ユイカ 笑顔のココロエ】

こんにちは本仮屋ユイカです。本日は注目ワードや雑学を紹介するココロエ版「は・び・ふ・へ・ほ」です。

食べるのが好き、高い所も好き、おまけにスリルもだーい好き…。今日、学ぶのはそんな大人たちが満足するというアトラクション、その名も、「ディナー・イン・ザ・スカイ」です。

アトラクションと言っても、遊園地にあるわけではなくて500平米ほどの敷地があれば設置できるというイベントタイプのもので、「ディナー・イン・ザ・スカイ」という名のとおり、ディナーを空中でいただくのが目的です。

Dinner_in_the_Sky_2012_Vilnius,_Lithuania(w680)
画像:Wikipediaより

その全貌はというと、シェフやウェイターがいるミニ・キッチンをぐるりと囲んだ最大22名が座れる大きなテーブルがあり、参加者は席に着いたら安全ベルトで体を椅子に固定。これで即席のレストランが完成したわけですが、準備が整うと即席レストランはクレーンで50メートルも吊り上げられ、参加者たちは宙に浮かんだまま豪華な食事を楽しむのです。

そんなディナー・イン・ザ・スカイは今年で10周年、世界55か所で開催されているそうです。

<本仮屋さんの感想>

まず、今日の感想を「は・び・ふ・へ・ほ」で言うと、「ひょえ~!」。私、高い所はそんなに怖くないですし、わりといけるほうですが、これはすごいですよ。だって、柱もないし、ただ吊られているだけなのですよ。ということは、風が「ひゅー」って吹いたらユラユラとなるわけでしょ。

動画を見ましたが、本当に空中ですよ。安全ベルト以外は何も施しはないです! 日本ではまだ開催されていなくて、海外で参加すると一人あたり10万円くらいだということです。

最近は空中結婚式をする人もいるらしいです。招待されたらどうしますか~? 誓いの言葉を聞く前に「すみません、降ろしてください!」って言ってしまうかも…。この空中レストラン、途中で降りたくなった場合は降りられるのですが、その席に着いた全員が一回地上に降りることを同意しないと降りることはできません。

今年は10周年ということでベルギーでは、10台のテーブルを同時に10台のクレーンで吊り上げるイベントがあり、大いに盛り上がったそうです。

いや~、やってみたいけど、おいしいお食事をいただいてもわからないと思います。自分の椅子の下にA4サイズくらいの足場があって、それ以外は空中なの、わかる? 怖いでしょ? 怖くないですかねえ。

これ日本にやって来ますかね? 海の上や山の上とか自然の気持ちのいい所でやったら、鳥のような気持ちになっていいかもしれないですが・・・。でも、ちょっとチャレンジしてみたいです。

(2016/6/21 放送分より)

『太田胃散プレゼンツ 本仮屋ユイカ 笑顔のココロエ』
毎週月曜~金曜 ニッポン放送15:36~ ABCラジオ14:54~