慰安婦問題~世論と対日外交の狭間で見えない韓国政府の着地点

1/10(水)FM93AM1242ニッポン放送『高嶋ひでたけのあさラジ!』今日の聴きどころ!②

国対国の約束を違えれば韓国の信用はゼロになる
7:02~高嶋ひでたけのニュースガツンと言わせて!:コメンテーター鈴木哲夫(ジャーナリスト)

河野太郎

閣議を終え、記者団の質問に答える河野太郎外相=2018年1月9日午前、首相官邸 写真提供:産経新聞社

韓国が慰安婦合意で新方針 10億円拠出の意向も

韓国政府は慰安婦問題をめぐる日韓合意に対する新たな方針を発表。「合意で問題は解決できない」とし、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を日韓両政府が確認した合意の根本を否定。この問題の背景について、ジャーナリストの鈴木哲夫氏に訊く。

河野外務大臣)我が国としては韓国政府が合意を最終的かつ不可逆的なものとして着実に実施するよう、韓国側に対し引き続き強く求めてまいりたいと思っております。

高嶋)河野太郎さんの毅然たる発言ですが、韓国が慰安婦合意で新方針、そして10億円の拠出も考えるというようなことも言い始めまして「またか」と呆れる次第なのですが。

鈴木)これはその合意がただの申し合わせというレベルでは無いのですね。これは国対国のしっかりとした約束ですし。

高嶋)政権が変わろうと国が約束したことを違えていたら信用がゼロになりますよ。

鈴木)そういうことですよ。それとこの前の事前の報告書がありましたけど、この中ではいわゆる外交の非常に重要な水面下でのやり取りみたいなものもオープンになってしまっているということで、これは信頼関係というものを超えるくらいの非常に大きな問題だという気もするのですよね。

河野 太郎 康京和 日韓外相会談

日韓外相会談で握手する、河野太郎外相(右)と韓国の康京和外相(カン・ギョンファ)=2017年12月19日午前11時58分、東京都港区の飯倉公館 写真提供:産経新聞社

日本が払った10億円を今になって韓国政府が拠出の意向 日本に対して気を遣っている?

高嶋)あの慰安婦問題の10億円は韓国政府が拠出すると。だけど今まで日本がすぐに払った10億円の内、7割の生きていらっしゃる従軍慰安婦の人は貰う意思があるか貰ったか、そのくらいの数字だというわけですよね。これでまたその10億円が何か韓国が独自にみたいなことを言い出したというのは何を意味しているのですか?

鈴木)昨日の会見の中身をよく聞いていくと、日本にも気を遣っている部分もあるのですよね。つまり「10億円を貰いましたよ、後は知りませんよ」ではなく、韓国もその10億円に関してはきっちり出してみたいなところで、ある種の板挟みというのも変ですが、いわゆる韓国の国内向けに対しての日本への毅然とした姿勢を示すと共に、これは100%反故にしてしまったら要するに日本との関係がメチャクチャになる。だから日本に対してもある種の形を付ける。10億のお金もそのひとつという風に見て良いと思うのですけど。ただこれは、理屈はそうかもしれないけども、理解しにくいところではありますよね。

文在寅 韓国 大統領

【韓国大統領選挙】沿道に手を振り、光化門前を通過する文在寅(ムン・ジェイン)大統領=2017年5月10日午後、韓国・ソウル 写真提供:産経新聞社

韓国との付き合い方は非常に厳しく手腕を要する

高嶋)韓国国内は、中国の方からはTHAAD(サード)なんかをめぐって小突かれ、アメリカの方からは北朝鮮の脅威もあるしいろいろとガンガンやられ、右に左に国内は揺れ動き、何かと言うと国論をひとつにするには、いわゆる憎き日本をターゲットにするみたいな、こういうのをずっと繰り返してきているわけですよね。

鈴木)それはそうですよね。韓国のポジションを考えればある意味では最前線ですよね。中国や北朝鮮と一番接しているところにあるわけだから。そこのポジションにある難しさや苦しさや悩みというのはあると思いますよ。
しかし一方で日本との関係はやっと建設的に進んできた、これはある種の形が例の合意だったわけですから。ただ日本としてはどうするのかということです。河野さんが昨日きっちり抗議をすると声明を出したというのはもちろんその通りだと思います。かと言って北朝鮮情勢も含めてこれで全く「韓国なんか知らないよ」と言うわけにもいかない。安倍さんは非常に難しい外交をやっていかなければいけない、ある種表でも水面下でも。韓国に対しては非常に難しい、手腕を発揮しないといけないと、そういう感じになってくるでしょうね。

高嶋)それで日本をターゲットにしてこういうことを言い出すと支持率もまた上がって、文大統領は今7割もあるということですからね。この辺が非常に複雑なところですね。

高嶋ひでたけのあさラジ!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.