えっ!ビーチで野球!? ~ビーチベースボール~

photo-1(w680)

ついに、あの《野球》がビーチスポーツに降臨です。
といっても、《ビーチベースボール》は、野球というよりは、三角ベースをアレンジした競技です。

野球と違う所は・・・
*6人制(野球は9人)
*ベースは、一塁・三塁・ホームの三角ベース(野球は一塁・二塁・三塁・ホーム)
*塁間は20m(約27.4m)
*ピッチャーからホームまでは、10m~13m(野球は約18.4m)
*試合は、45分もしくは、3回まで。終了した時点で得点の多いほうが勝ち
*ピッチャーとキャッチャー以外はどこを守っても構わない
*1チーム10人以内で、試合には、常に女性が1人以上参加しなければいけない

この他、バットは、ビーチテニスのラケットを使い、ボールは、スポンジボールを使います。

この 《ビーチベースボール》が生まれたのは、日本。
《ビーチベースボール》の考案者で、世界ビーチベースボール協会の塩見直樹さんに話を伺ったところ、単に競技を広める事だけが目的ではないそうです。
【世界にベースボールを広め、オリンピック種目へ復活させよう!】というのが目的で、この 《ビーチベースボール》を始めたそうです。

世界ビーチベースボール協会 facebook アカウント
02(w680)
【お台場ビーチスポーツフェスティバル】

5月5日に行われたお台場ビーチスポーツフェスティバルで、デモンストレーションをしていた時も、参加自由、自分でトスをしたボールを打ってもOK、ボールに当たらないなら近くから投げて当たりやすくする、など臨機応変、誰でも楽しめるビーチスポーツとして、観光客も巻き込んで、楽しんでいました。

photo-3(w680)
【ビーチベースボールのバットとボール】

写真には、マスコットバットなども写っていますが・・・(笑)ベースは、デカイですよ。ビーチでも、わかり易くね。

photo-4(w680)
【でかいベース】

とにかく、この《ビーチベースボール》は、気軽に、周りを巻き込んでやるのがいいのです。
ちなみに、《ビーチベースボール》には、なぜか日本代表チームが、すでに編成されています。
その名も、美筋JAPAN。

photo-5(w680)
【美筋ジャパン】

塩見さんの『ビーチで映えるのは筋肉だ!(笑)』という考えから、知り合いのボディービルダーや筋肉自慢な方々に声をかけ、夏のビーチイベントに登場しています。
神奈川の三浦海岸などを中心に活動していますので、ぜひビーチで見かけたら声をかけて参加してみてください。ちょっと強面で、声をかけづらいかもしれませんが、中身はやさしい人達です。(笑)

(よこい)