しゃベルシネマ

桐谷美玲×鈴木伸之×清原翔、応援してくれる人がいれば人生は変わる!

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第331回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、12月23日から公開の『リベンジgirl』を掘り起こします。


総理大臣目指して、元カレにリベンジ?!


東大を主席で卒業。ミスキャンパス1位にも輝いた才媛、宝石美輝。非の打ちどころがないように思える彼女だが、自意識過剰で自己中心的で極度に性格が悪く、しかもそのことに本人だけがまったく気がついていない。

そんな彼女が政治家一家の御曹司・斎藤裕雅にまさかの失恋。美輝が決めた恋のリベンジは、女性初の総理大臣になること。

ひょんなことから秘書を務めることになった門脇俊也の厳しいレッスンを受けるうち、美輝のなかに別の感情が芽生えてきて…。


元カレを見返してやろうと総理大臣を目指すヒロインの奮闘を描いたラブコメディー。主演は、映画『ヒロイン失格』でコメディエンヌぶりを発揮した桐谷美玲。

アメリカの映画サイトが毎年発表している「世界で最も美しい顔100人」に何度も選出されていることでも有名な彼女ですが、本作では“性格ブスの才女”というコミカルな役どころに挑んでいます。


共演者も魅力的な顔ぶれがズラリ。美輝を支える政治秘書・門脇俊也役に鈴木伸之をはじめ、清原翔、馬場ふみか、佐津川愛美、竹内愛紗と、フレッシュで華やか。

美輝の女子力高めのファッションや東京の最旬デートスポットが全篇を彩り、とってもオシャレでロマンティック。クリスマスから年末にかけてのこのシーズン、楽しめること間違いなしの一作です。


失恋したときに「キレイになって見返してやる!」と思った経験は、女性なら一度や二度、あるのではないでしょうか。

複雑で傷つきやすい女ゴコロ。裏切りや屈辱を乗り越えて“本物のキレイ”をつかんでいく美輝の姿に、きっとあなたも共感を覚えるはず。


リベンジgirl
2017年12月23日から全国ロードショー
監督:三木康一郎
原作:清智英、吉田恵里香
出演:桐谷美玲、鈴木伸之、清原翔、馬場ふみか、竹内愛紗、佐津川愛美、大和田伸也 ほか
©2017「リベンジgirl」製作委員会
公式サイト http://www.revengegirl-movie.jp/

八雲ふみね,しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.