10時のグッとストーリー

岐阜にUターンして富有柿の生産者に転身  地元のPRに励んでいる男のストーリー

番組スタッフが取材した「聴いて思わずグッとくるGOODな話」を毎週お届けしている【10時のグッとストーリー】

きょうは故郷にUターンして、未経験の農業に挑戦。特産物の「柿」を育て、独自の工夫を重ね、地元のPRに励んでいる男性の、グッとストーリーです。

富有柿 せっきーファーム 関谷英樹

岐阜の富有柿の“救世主”「せっきーファーム」代表の関谷英樹さん(柿農家の紹介 – せっきーファーム~柿専門農家~HPより)

柿の中で、世界一多く生産され、世界一多く食べられている品種・富有柿。「甘柿の王様」と呼ばれる富有柿の発祥の地・岐阜県瑞穂市で5年前から柿作りを新たに始めた、30代の若い生産者がいます。「せっきーファーム」代表の関谷英樹(せきや・ひでき)さん・38歳。広い畑を基本的に一人で管理しています。

「自分は昔、岐阜のことが好きじゃなかったんです。刺激も全然ないし」という関谷さん。高校を卒業すると、名古屋のデザイン専門学校に通い、24歳から東京へ。スタイリストのアシスタントや、ネット関連の仕事をやっていましたが、東京で暮らしているとあまり感じない人の温かさや、豊かな自然に恵まれた岐阜の魅力に、離れてから初めて気付いたそうです。
「もっと岐阜の良さを広めたい」と考えるようになり、東日本大震災をきっかけに岐阜へUターン。新たに取り組んだ仕事が「農業」でした。

「富有柿は美味しいのに、岐阜が発祥の地だということが知られていないのが残念で、よし、自分がPRしてやろうと思ったんです」

せっきーファーム 富有柿

柿名人が育てた富有柿の木(富有柿の発祥地・岐阜県瑞穂市から産地直送! – せっきーファーム~柿専門農家~HPより)

ぎふだから2017プレミアム 富有柿 干し柿 ぎふだから2017プレミアム

富有柿発祥の地・岐阜でつくられた富有柿による『ぎふだから2017プレミアム』(富有柿の発祥地・岐阜県瑞穂市から産地直送! – せっきーファーム~柿専門農家~HPより)

瑞穂市の柿農家はどこも高齢化が進んでおり、後継者が見つからず、市場価格の低下もあって栽培をやめてしまうところも増えています。そんな中、新規開業したいという関谷さんは、まさに“救世主”でした。さっそく長野県の果樹園経営者や、一本しかない富有柿の原木を持つ瑞穂市の農家で研修を受けた関谷さん。慣れない作業に戸惑うことも多かったですが、2012年、関谷さんは瑞穂市にある、野球場ほどの大きさの畑1.5ヘクタールをほぼ無償で借り受け「せっきーファーム」を開業しました。

冬の収穫が終わった後に行う剪定作業。実を大きくするために、つぼみを落として数を減らす「摘蕾(てきらい)」という間引き作業。そして、夏の間の草刈りも重要な作業です。

「風通しをよくするため、草刈り機で刈り取るんですが、これが結構大変なんですよ」

岐阜の夏は暑く、炎天下の除草作業はことのほかきつい作業ですが、除草剤は一切使わないのが関谷さんのこだわりです。

富有柿 栽培 せっきーファーム

除草剤は使わず木に優しい栽培をする関谷さん(こだわりの富有柿栽培 – せっきーファーム~柿専門農家~HPより)

「実は、自分が借りている畑は“柿名人”の畑だったんです」

富有柿の甘さを示す「糖度」は平均16度ですが、せっきーファームの柿は、平均18度。地元で“柿名人”と呼ばれたおじいさんが手塩にかけて育ててきた、よそより甘い実のなる柿の木・およそ350本を、関谷さんはそのまま引き継ぐことになりました。
だからこそ、責任は重大。甘くて美味しい富有柿をPRする方法も、いろいろ実行しています。柿狩りツアーを企画したり、自分で柿の収穫ができる「オーナー制度」を導入したほか、こんなアイディアも思い付きました。

「ハロウィンの時期に、カボチャのランタンを見ていて、ふと思い付いたんです。『これ、柿と同じ色だよな』って」

ハロウィン柿 富有柿 せっきーファーム

2014年から発売されている大人気のハロウィン柿!(富有柿の発祥地・岐阜県瑞穂市から産地直送! – せっきーファーム~柿専門農家~HPより)

「ハロウィン柿」は、通常より早く収穫できる品種の富有柿3個と、目・鼻・口の形をした黒いシールがセットになっていて、1セット購入すると、東日本大震災の被災地の子どもたちにハロウィン柿が1個プレゼントされる仕組みになっています。
被災地に送る柿にシールを貼るのは、せっきーファームの向かいにある保育園の子どもたち。柿のかぶり物をつけ「カッキーマン」に扮した関谷さんが、完成した「ハロウィン柿」を大船渡市や釜石市など被災地に運び、現地の保育園児や小・中学生たちに一つ一つ、直接手渡します。

「前は、柿が嫌いで食べられなかったけど、ハロウィン柿はおいしくて、柿が食べられるようになりました」

というお礼のメッセージが送られてきたことも……。関谷さんは言います。

「地元で30代の生産者は私だけですが、柿が好きな人が増えていけば、新たに農業をやってみようという若い人も現れるかもしれません。まだまだ分からないことも多いですが、これからも地元のために、美味しい富有柿を作っていきたいですね」

カッキーマン 東北 ハロウィン柿 富有柿 せっきーファーム

カッキーマンが東北の子供たちにハロウィン柿をプレゼント!(富有柿の発祥地・岐阜県瑞穂市から産地直送! – せっきーファーム~柿専門農家~HPより)

【10時のグッとストーリー】
八木亜希子 LOVE&MELODY 2017年12月22日(土) より

八木亜希子,LOVE&MELODY

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.