石破茂 小泉進次郎は日本のために大切な人

 

石破茂 小泉進次郎は日本のために大切な人12/15(金)FM93AM1242ニッポン放送『高嶋ひでたけのあさラジ!』今日の聴きどころ!①

“ポスト安倍”と言われている石破氏から見た政治の今
6:31~ニュースやじうま総研!ズバリ言わせて!:コメンテーター石破茂(自民党衆議院議員・元防衛大臣)

地方を回りを積極的に続ける石破氏から見た日本の政治の今

“ポスト安倍”とも囁かれている元防衛大臣の石破茂氏に日本の政治の今について伺った。注目される小泉進次郎議員や国会討論の野党質問など、石破氏から見た政治の今を振り返っていただく。

高嶋)地方へ行っていろんなことを発言されていて、随分と回っているようですね。

石破)地方創生大臣というのをやったときに「ああ、自分はこんなに日本のことを知らなかったんだ」と思いましたね。ずっと国会議員をやって閣僚も随分とやったのだけど、そこは「演説しておしまい」みたいなところがあったのですけど、回ってみるとこんなに知らなかったというのはすごくショックだし反省だったし、やはり日本のどこでどなたがどんなことを考えているのかということを知らないと政治にはならないですよね。

高嶋)さっき数字を挙げていましたけど、300ちょっとも回ったということですが?

石破)ひとつひとつ数えているわけではないですけど、1,718の自治体の内まだ300ちょっとだというのは、回っても回ってもまだ知らないところがいっぱいあるなという感じですね。

注目されている小泉進次郎議員とはどんな議員なのか?

高嶋)日経新聞の「総裁選睨む」という記事があって、小泉進次郎さんが今日出ているのですけど、石破さんとの並び順が丁度良いのではないかみたいなことが書かれていて、もう来年の秋、安倍さんの次が石破さんで、その次あたりは「もう雑巾がけは良いや」みたいなことを進次郎さんは言っているらしいですから、その並びはどうですか?

石破)それは私がどうかは別として、進次郎さんという人は私が地方創生大臣のときに彼は政務官でしたけど、本当に良い仕事をしましたね。それで私が幹事長のときの青年局長ですけど、良い仕事をしました。尚且つ彼は人気ナンバーワンなのだけど、それに溺れないというところがありますよね。
こういう人は自民党にとって、我が日本国にとって本当に大事な人だから、いつどのような形で国の為に国民の為に働いてもらうか、皆が日本の為にこの人をどうするのかということは考えなければいけないですよね。

高嶋)進次郎さんはまだ36歳ですからね。

石破)だから副大臣とか大臣というステップを踏んで政府の中でどういう仕事をするかというのが磨きを掛けるのでしょうね。

石破氏から見た国会討論 野党間の調整ができず、同じ話が出るだけで掘り下げられていなかった

高嶋)国会は終わりましたけど党首討論もやらなかったのですね。初めてですね。

石破)やらなかったですね。今年1回も無かったのかな?

高嶋)これはなぜですか? 安倍さんが嫌がったのですか?

石破)そうではないと思いますけど、相手も「党首は誰なんだ?」みたいなところがあって、だって今年の初めに党首だった人が今では全然違うじゃないですか。それはやはり双方に事情があるのだと思いますが、党首討論というのをやるような環境はやはり与野党とも努力して作らなければいけないですよね。

高嶋)この間の国会はどう評価していますか?

石破)野党にもできたばかりの党があって、野党間の調整が上手くできていなくて同じ話が何回も出て来ましたよね。我々は答弁する側に立つと同じ話が何回も出て来ると同じ事を答えてしまうので、やはりひとつのことをずっと掘り下げてという感じがしなかった。何も森友・加計学園問題に限らず「時間がまいりましたので次の質問に移ります」というのをやられると全然怖くないですね。

高嶋)何だか昔に比べると大分迫力が違うというのは皆言いますけど。それとこの番組にも森・加計のときにいろいろと来ましたけども、今でも来るのは国税庁の佐川長官のことで「あれはおかしい!」「何なんだ一体!?」という怒りに満ちたメールがけっこう来るのですけど、これについてはどう判断していますか?

石破)国税庁長官というのは事務方の国税に関するトップな訳ですよね。そうすると森友・加計問題に限らず税制についていろんなコメントを述べるとか、あるいは国民の皆様に喜んで税金を払いたい人はいないので「皆様税金お願いしますよ」ということを現場現場に国税を担当する役人は税務署にいるわけです。彼らが第一線で「何なんだよ、長官全然出て来ないじゃないか」と言われて一番辛い思いをするのは実際の現場の担当者たちなのですよね。だからそういう人たちの気持ちは慮って欲しいなと思います。

 

高嶋ひでたけのあさラジ!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.