なぜ安倍首相にはライバル・石破茂が必要なのか?

12月13日(水)FM93AM1242ニッポン放送『高嶋ひでたけのあさラジ!』今日の聴きどころ!①

石橋茂氏が来年の総裁選出馬の模様
6:32~ニュースやじうま総研!ズバリ言わせて!:コメンテーター鈴木哲夫(ジャーナリスト)

石破茂

【衆院選2017】街頭演説をする自民党の石破茂元幹事長=2017年10月7日午後、東京都足立区の北千住駅前 写真提供:産経新聞社

来年の自民党総裁選に向けて地方から準備が始まった石破氏

来年9月に自民党の総裁選挙が行われる。総裁任期が2期6年から3期9年に規約が変更したため、当然、安倍首相の出馬が予想される。その対抗馬として、石破茂氏が出馬の準備を始めていると言う。安倍首相のためにも、自民党のためにも、なぜライバルの存在が必要なのか――ジャーナリストの鈴木哲夫が解説する

高嶋)鈴木さんは売れっ子で、テレビ・ラジオに出演してますが、そういう中で本もお書きになる。近々石破茂さんの本を出すそうですね。

鈴木)年明けになると思いますが、来年非常に大きな政治的なイベントとして、自民党の総裁選挙が9月にあります。
規約変えてもう1回挑戦できるようになりましたから、安倍さんが3期目として出る流れがあります。このまま安倍さんがトントントントンと行くので果たして良いのか? かつての自民党は常にライバルがいて、侃々諤々議論をし、権力闘争という側面もあったけれども、それで活力を持って総裁選戦って総理の座をという図式があった。ところが、ここしばらくずっとそれがないのはどうか。そういう中で石破さんが総裁選に出て、議論し、選挙やることが自民党にとっても安倍さんにとってもライバルがいるということはプラスですからね。

高嶋)ニュースになっていますが、石破さんは閣外に出て安倍政権・安倍さんに対して時々キツイこと言ってますよね。

鈴木)選挙終わってから多いですよね。これね、ひとつポイントなのですが、いつもニュースになります。安倍さんを批判した、政権を批判した、安倍さんの政策を批判した。その、例えば新聞記事の、最後を見ると何処どこ地方の名前書いてあるでしょ。何処どこでの講演でとか、何処どこでの会合で喋ったとか、地方が多い。これが実は石破さんのポイントで、政権構想は地方創生でもあるし、総裁選戦うときに石破さんは地方票で戦っている姿がいつも印象的じゃないですか。

高嶋)凄かったですもんね、安倍さんと戦った時も、地方票取って…。

鈴木)その辺を意識して発言してるというか、回ってるんだなというのがあれでわかるんですよ。備えているということです。

高嶋)総裁選出るとは口に出してはいませんが、地方で時々語る出来事と、行動範囲を見ていると、明らかにそれを意識してるというのが鈴木さんの分析ですね。

石破茂

【衆院選2017】街頭演説をした自民党の石破茂元幹事長=2017年10月7日午後、東京都足立区の北千住駅前 写真提供:産経新聞社

12月15日(金)に石破茂氏がゲスト出演

鈴木)来年の6月にある程度政権構想みたいなものをまとめる作業に入っているというようなことを本人は言っていました。ですから、ライバルを持つということは、自民党のためにも安倍さんのためにも、ひいてはその切磋琢磨を国民がみることになり、日本政治のためにも良いので、ひるまずに石破さんにはやって欲しいですね。

高嶋)明後日この番組にゲストで来られます。

鈴木)宣言させてくださいよ。ラジオで。

高嶋)だけどラジオの場合は結構慎重ですよ。いつも打合せまでは和気藹々なんですが、放送中にちょっとキツイ質問すると表情変わりますからね(笑)。

高嶋ひでたけのあさラジ!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.