人生相談でお馴染み三石由起子が明かす子育ての極意とは!?

タグ

12月12日(火)のニッポン放送の番組『垣花正 あなたとハッピー!』では、テレフォン人生相談でお馴染みの三石由起子が子育ての極意を語った。

今週はスペシャル企画「しくじりX 2017〜私失敗しちゃったので〜」をお届け。2日目の今日は、子育てにまつわる多くの相談を受けている三石が、最近の相談傾向を明かした。

昔は、自分の子供に対する相談がほとんどだったが、祖父母からの孫に対する相談が最近増加傾向にあると話す三石。

そういった状況に対して、「自分の子に任せるべき。ましてや別居していれば、他人と思うこと。それこそが老婆心」と助言。孫の世代は、生まれた時から、祖父母が生きていた時代とは全く別の世界を生きていて、アドバイスできることなど一つもないのだと語る三石。様々な便利な機械や、インターネットが発展し、「親の言う通りにしていれば生きていける時代は、もう終わった」と熱弁。

アドバイスをするとしても、分かっていることを教えてあげるべきで、例えば食べ方を注意するとしたら、違う国の変わった食べ方を一緒に教えてあげるなどして、知識を増やしてあげるのが、孫のためになると三石は述べていた。

また、三石は全ての親に向けて、「子育てに、正解はない」とメッセージ。多くの親が、子育てをしていく中で、正解を探してしまう。しかし、三石から言わせれば、これは間違い。これまで人類が繋がってきた中で、もし子育てに正解があれば、自分の子供に対して心配していない人がいるはず。

しかし、ほぼ全ての親が、何かしら自分の子供に対して心配事があるのが現実。「正解があるのでなはく、逆に失敗がないのだ」と語る三石。可愛がってさえいれば、どう育てようが失敗ではないのだ。

親という漢字は、「木に立って見る」と書く。正解を求めて右往左往するのではなく、失敗がないのだと大きく構え、見守ることこそが親の仕事であり、子育てなのだろう。

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月~金 8:00~11:30

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.