ライター望月の駅弁膝栗毛

長岡駅「魚沼産コシヒカリ弁当」(1,180円)~肉と魚のいいコンビ!

タグ

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

E2系 とき

E2系「とき」

雪が舞う中を走ってきたE2系「とき」。
開業35周年を迎えた上越新幹線は、何と言っても“雪に強い新幹線”がウリです。
雪の多い駅の近くでは、冬場はスプリンクラーが稼働し、新幹線は思いっきり放水を浴びながら、ホームに入ってきます。
やっぱり「とき」と「ゆき」は、上越新幹線らしいコンビですよね。

E653系 特急 しらゆき

E653系・特急「しらゆき」

実際の列車でも、新幹線「とき」とコンビを組むのは、在来線の特急「しらゆき」。
白い雪をイメージした塗色のE653系・4両編成が、新潟~上越妙高間で運行しています。
上越新幹線とは長岡・新潟で接続、柏崎、見附、加茂など新潟県内の新幹線の停まらない都市をカバーする役割も担います。
やはり新幹線と在来線を“いいコンビ”にしていくことが、地域の鉄道にとって大事なことですよね。

魚沼産コシヒカリ弁当

魚沼産コシヒカリ弁当

そんな新潟・長岡で駅弁を手掛ける「池田屋」から、この秋、創業130周年を記念して、新作駅弁が2つ登場しました。
今回、ご紹介するのは、「魚沼産コシヒカリ弁当」(1,180円)!
包装にも、魚沼コシヒカリ100%の文字が真ん中に躍ります。
ただ、ご飯もさることながら、実は肉&魚が“いいコンビ”の駅弁なのです。

魚沼産コシヒカリ弁当

魚沼産コシヒカリ弁当

左が鮭そぼろ(+玉子そぼろ)で“魚系”。
右が新潟名物・タレカツで“肉系”。
真ん中に食用菊の甘酢漬と奈良漬、さらにデザートの笹団子まで入っています。
そして、そぼろご飯とタレカツの下に、魚沼産コシヒカリの白いご飯がしっかり入っています。
菊の甘酢漬の酸味をアクセントにしていただくと、一層、食欲がそそられそうです。

魚沼産コシヒカリ弁当

魚沼産コシヒカリ弁当

特に美味しいのが、豚のヒレ肉を使った「タレカツ」!
冷めても肉が柔らかいのはもちろんですが、「池田屋」もこだわったという“絶妙な塩梅”のタレがしみ込んだ衣が、程よくしっとりしていて、口に運んだ時、とても心地よさを憶えます。
そういえば、きょう11月22日は「いい夫婦の日」。
E2系新幹線に揺られながら、駅弁で肉と魚の“いいコンビ”を味わってみては?

384ffa5f8c8f2c560e52fb29f9f48f03

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.