盆栽と仏像のベストマッチ!神秘的で惹き込まれるような盆栽って?

毎日を楽しく過ごすための秘訣やヒントをお伝えしていく笑顔のココロエ。
本日は便利グッズ、面白アイテムをチェックしていきます。

仏像盆栽

BUDDHA BONSAI(仏像盆栽) – 東京盆栽生活空間HPより

今日のアイテムは、盆栽!なかでも、一目見たら目に焼き付くであろう、インパクトある、「BUDDHA BONSAI」こと、「仏像盆栽」を取り上げます。

これは、新しい盆栽の楽しみ方を提案している「東京盆栽生活空間」の代表であり、盆栽デザイナーでもある中島大輔さんが考えたもので、仏像の頭を植物の根っこに絡めて仕上げた盆栽です。たとえば、仏像の頭が土に埋められ、顔が半分だけ見えている状態のところに、覆い被さるように木の根が生えていたり、顔を丸ごと包むような形で根が張っていたり、かなり芸術的。いままでの盆栽にはない不思議な世界が生み出されていますが、盆栽の力強い根が、仏像と絡み合うことで、「生と死」や「長い時間」を感じ取ってほしいとのこと。

そんな「BUDDHA BONSAI」を中島さんが作ったきっかけは、タイにある世界遺産、アユタヤ遺跡にある、有名な仏像の頭部。その頭は、菩提樹の美しい流れの根っこのなかに取り込まれており、「それを盆栽で表現したい」と思ったのが始まりでした。

<ユイカの感想>

これはスゴいよ。ぱっと見て「はっ」と息を呑んじゃったもん。怖いっていうか、不思議っていうか、神聖っていうか……だけど、調和がとれててすっごく不思議です。

「アユタヤ遺跡の仏像の頭」も写真で見てるんですけど、あの、「ワット・マハタート」って寺院の遺跡にあるんですって。18世紀の戦争中に、仏像がいくつもあったんですけど、その頭部に金箔が貼られていたために頭だけ切り落とされて、持ち去られてしまったんですって。それで、残ったのは仏像の身体だけ。そんな中、切り落とされた仏像で、残った1つの頭が放置されていて、いつの間にか菩提樹の根に取り込まれてしまったという……

不思議ですよ。菩提樹の木の間から、仏像がこっちを見ているような。色も質感も、写真だと同じ色に見えるから、本当に一体化している感じがします。木の根っこの中に、人間の顔がふとある感じ。これを盆栽にしようとした中島さん、スゴい。現地の人が見たら、びっくりするんだろうな。日本とタイの文化が一体化してる。

わたし、この間歩いててぶつかって「すみません!」って言ったら、盆栽の看板が出ていて、そこから若いお兄さんたちが出てきて。「わっ、盆栽って本当に流行ってるんだな」って、最近感じたばかりだったんですよね。新しい盆栽の世界、たしかに、今日初めて見た気がします。初めてだと思う。みなさんも、ちょっと見てみてはいかがですか?

(2017/10/25放送分より)

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.