しゃベルシネマ

オダギリジョーが熱演、チェ・ゲバラの魂を継ぐもうひとりの『エルネスト』

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第290回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、現在公開中の『エルネスト』を掘り起こします。


革命家チェ・ゲバラとともに闘った日系人の知られざる実話


弱者のために立ち上がったキューバ革命の歴史的英雄で、理想を追い求め、世界各国を駆け巡ったチェ・ゲバラ。比類なきカリスマ性の持ち主で、いまなお世界中の人々を魅了してやまない彼が、ボリビア戦線にて39歳の若さで命を落としてから、今年で50年になります。

本作は、チェ・ゲバラとともに“見果てぬ夢”を追いかけ、ゲバラのファーストネームである“エルネスト”を戦士名として授けられた日系人の物語。フレディ前村ウルタードの知られざる生涯を、日本とキューバの合作で、阪本順治監督が映画化しました。


日系二世として生まれたフレディ前村は医者を志し、国立ハバナ大学に留学。キューバ危機の最中に、チェ・ゲバラと出会う。

彼の深い魅力に心酔したフレディは、ゲバラの部隊に参加。やがてボリビア軍事政権へと立ち向かっていくが…。


主人公のフレディ前村を演じるのは、日本のトップアクター、オダギリジョー。これまでにも『マイウェイ12,000キロの真実』『FOUJITA』などに出演し、国際派俳優としても評価が高い彼が、本作では全編スペイン語の芝居に挑戦。

キューバ人キャストの中にひとり身を置き、闘志を内在させた寡黙な姿は、さながら“革命のサムライ”。圧倒的な存在感を見せつけています。

また広島来訪時のゲバラに唯一取材した日本人、森記者を永山絢斗が演じています。

当時のフレディやゲバラを知る関係者に取材を重ねるなど約3年半にわたるリサーチの末、阪本監督自ら脚本を執筆。没後50年となる今年、ついに二人のエルネストが現代に甦りました。


チェ・ゲバラの命日である10月9日、有楽町スバル座では献花台が設けられ、多くのゲバラファンが花を手向けました。また同日開催された広島国際映画祭で、本作がヒロシマ平和映画賞を受賞しました。

映画の題名である『エルネスト』とは、“真剣”という意味。誰かに与えられるのではなく自らで目的を決め、その目的に向かって真剣に生きていく。

世界中が厳しい局面に立たされている現代、私たちが生き抜くヒントがこの映画には隠されています。


エルネスト
2017年10月6日から全国ロードショー
監督 阪本順治
出演 オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス ほか
©2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS.
公式サイト http://www.ernesto.jp/

八雲ふみね,しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.