10時のグッとストーリー

数々の挫折を乗り越えて夫婦で宅配弁当店を開業した方のストーリー

番組スタッフが取材した「聴いて思わずグッとくるGOODな話」を毎週お届けしている【10時のグッとストーリー】

きょうは、事業の失敗、勤め先の倒産など、数々の挫折を味わいながら、独立して夫婦で弁当店を始め、苦労の末に成功を収めた男性のグッとストーリー

斉藤好行

今回のストーリーの主人公、齋屋の斉藤好行さん 素敵な横顔ですね

江戸時代、商人や職人が住む町として栄えた、神田司町。現在はオフィスビルが立ち並ぶ町に姿を変えていますが、生まれてからずっとこの界隈で育ち、宅配専門の弁当店「斉屋(さいや)」を経営しているのが、斉藤好行(さいとう・よしゆき)さん・63歳。

チャキチャキの江戸っ子で、地元への愛情もとりわけ深く、斉屋の自社ビルも斉藤さんが子供の頃に建てられた古いビルを、丸ごと買い取って本部にしています。

「昔から、自分が生まれ育ったこの町で商売をするのが夢だったんです」という斉藤さん。一階には配達用のバイクが並び、お昼前から従業員が、得意先のオフィスに向けて次々に出発。

「斉屋」は系列店を含め、一日平均1,500食を売上げるまでに成長しました。しかし、ここに至るまでに、斉藤さんはいくつもの挫折と、困難を乗り越えてきたのです。

豚丼 看板

今ではこんなに立派な看板を持つお店を経営している斉藤さん そこへ辿り着くまでにどのような苦難が待ち構えていたのでしょう

斉藤さんのお父さんは神田で布団販売を営み大成功。子供の頃、当時まだ珍しかったテレビが家にあるのが自慢でした。

「近所の人たちが、みんなウチに力道山や長嶋を見に来てね。それはそれは賑やかでしたよ」・・・しかし斉藤さんが12歳のとき、お父さんが病気で突然亡くなり、布団店は閉店。一家の大黒柱を失い、生活は苦しくなり、お母さんが働きに出たり、あんみつ屋さんを始めて家計を支えました。

斉藤さんも働きながら、大学の水産学科に進みましたが、仕事があまりに忙しくなったため、やむなく中退。辛い決断でしたが、

「やっぱり私には、オヤジから受け継いだ、商人の血が流れてるんでしょうね。自分もいつか商売をやって成功させたいという思いを、ずっと持っていました」

こんなに綺麗なホームページがあります お弁当が美しいですね(齋屋グループHPより)

そして25歳のとき、斉藤さんは実家を拠点に、ついに夢への第一歩を踏み出します。
最初に手掛けた商売は、外国から輸入した美術ポスターの販売でした。「美術を観るのが好きで、趣味の延長で始めたんですが、それが失敗のもとでした」という斉藤さん。

注文はサッパリ来ず、すぐ資金繰りに行き詰まって閉店。その後勤めた健康食品会社も半年で倒産。転職先の画廊も、雰囲気になじめず、すぐ退職。次に勤めた雑貨の会社も入社して1年で倒産・・・「その会社で最後にもらったのは現金じゃなく、売れ残った真珠のネックレスでした(笑)」

斉屋

斉藤さんご夫婦と従業員のみなさん 職場の和やかで一生懸命な雰囲気が伝わってきます

「やることなすこと、すべて行き詰まるのは何故だろう? もしかして、自分は世の中に必要とされていないんじゃないか?」・・・日比谷公園の噴水前のベンチに腰掛け、空を見上げてはため息をついていた斉藤さん。そんなとき黙って支えてくれたのが妻の和子(かずこ)さんでした。

「最初に商売を始めた頃に結婚したんですが、私がこんな情けない状況なのに、本当によく付いてきてくれました」と感謝する斉藤さん。知人が経営する会社に拾ってもらい、ようやく生活は安定しましたが、心の中では「また商売をやってみたい…」という思いがくすぶっていました。

バイク 弁当

バイクの出入りから思い立つなんて 運命のインスピレーションは突然なんですね

そして91年冬、35歳のときに斉藤さんは決断。会社を辞めて宅配専門の弁当店を始めることに。家の近所の弁当店から、バイクが忙しく出入りするのを見て「これだ!」と直感した斉藤さんは、その弁当店にアルバイトで入社。妻の和子さんも別の弁当店にパートで勤め、二人で開業に必要なノウハウを学びました。

顧客の好みを分析するために、残飯の混じったゴミ袋から伝票の控えを探して分析したことも…。半年ほどの準備期間を経て、92年、斉藤さんは「斉屋」を設立。

はじめ、メニューは4つだけ。和子さんが調理した弁当を、斉藤さんがバイクに乗って届けました。斉藤さんが飛び込みで企業のオフィスを廻り、直接手渡しで「よろしくお願いします」とメニューを渡していったことも功を奏して、注文は右肩上がりで増え、翌年銀座店がオープン。順調に人も店舗も増やし、2002年には、地元・神田司町に念願の自社ビルを構えることができました。

斎屋 御膳

こちらが斎屋御膳 彩り豊かでとっても美味しそうですね!(齋屋HPより)

ところが・・・2008年、リーマンショックが日本経済を直撃。企業からの大口注文がパッタリと途絶え、斉屋も店舗をいくつか閉店せざるを得なくなりました。しかし、苦境を何度も乗り越えてきた斉藤さんは、いまどんな飲食店が人気があるのかを、街に出て自分の目でリサーチ。個人客をターゲットに、安くて量が多い豚丼の店「豚大学」を始めました。

「食べていくと、ご飯じゃなくて肉が余る、というのが売りなんです」という斉藤さん。たちまち人気店になり、同時に「斉屋」の注文数も回復していきました。

「私は何か特別な才能があったわけではなく、やってきたことは人真似なんですけど、お客さんの求めているものは何かを必死で考えてきたからこそ、今があると思っています」

豚大学

肉が余る豚丼…おみそれしました 一度でいいから食べてみたい!そんな方はぜひ、豚大学へ♪

【10時のグッとストーリー】
八木亜希子 LOVE&MELODY 2017年10月14日(土) より

八木亜希子,LOVE&MELODY

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.