どこまでも実直に丁寧に、時代と共に生きてきたルイ・ヴィトン。 【ひろたみゆ紀・空を仰いで】

9609-VVV-LV-Tokyo_JSouteyrat.1jpg

本当に遅ればせながら、ルイヴィトンのエキシビションに行ってきました。
6/19までの会期を少し残すばかりでやっと行けた展覧会。
なにより無料だし、期待しちゃいけないな~っとはやる気持ちを押さえながら行ったのですが…
いや~、大間違いでした!期待以上に凄かったです!!
これが、本当に無料なの?
こんなに見どころが沢山あるの?
こんなに時代との関わりがわかるの?

空へ、海へ、彼方へ -旅するルイ・ヴィトン展

この展覧会のテーマは、旅です。
ルイ・ヴィトンファンの方はもちろん、そうでない方もご存知の方が多いと思いますが、ルイ・ヴィトンの始まりは旅にかかせないトランクでした。

9317-VVV-LV-Tokyo_JSouteyrat-HD1

創業者のルイ・ヴィトンが14歳の時に故郷を離れ、パリで見つけた仕事は、日用品や衣類を荷造りするための箱を製作する職人さんの見習いでした。
やがて、自分の店を持ち、著名人からも愛されるようになります。
なぜなら、彼のデザインは、頑丈でありながら軽く機能的だったから。
そして、ここがブランドたる所以だ思うのですが、彼は製品の模造を防ぐため、ファブリックや模様を使ったのです。
そして1875年、細部まで考え抜かれたデザインの縦型ワードローブ・トランクを生み出し、旅のスペシャリストとしての地位は確固たるものに…

…そんなお話を最初に読んで、この展覧会の旅が始まります。

私が一番心引かれたコーナーは、トランク製作に欠かせない道具たち。
カンナやケビキ、バイスなど…ひとつひとつ手にとってみたくなるほど美しくデザインされています。
私がDIYで使う道具とは比べものになりません。
あの、ショウケースの中で黒光りしている美しいカンナたち、欲しいです!

9227-VVV-LV-Tokyo_JSouteyrat-HD1

展示は各部屋ごとにテーマがあって、船の旅、自動車の旅、空の旅、鉄道の旅…と続きます。

9189-VVV-LV-Tokyo_JSouteyrat-HD1

すべてそれぞれの旅のための工夫がなされたトランクやバッグがテーマに合わせて展示されています。
どんな風に人々の生活の中で使われて来たのか…その時代の写真や衣装と共に。
それをみるのも楽しみのひとつです。

ルイ・ヴィトンは1867年の荷造り及び旅行用トランクの特許出願証明書にこう書いています。

「本当に実用的なトランクは、軽量で耐久性がなければならない。そして中の物を衝撃から守り、何よりも水分の浸入を防がなくてはならないそのために、よく乾いた木を使い、外装は亜鉛や銅、そして油脂コーティングしたキャンパスを使っている」と。さらに!「隙間をゴム素材で補強している」と。

その下に飾られていたタテ型の私が入れるくらい大きなトランクの縁を見てみると、なるほどゴムパッキングのようにぐるりと一周しているではないですか。

デザインが美しいだけではない機能性と、なにより使う人のことを考えた作品に感服です。
タイタニック沈没の時、沈まなかったルイ・ヴィトンのトランクにつかまって助かったとか、引き揚げた船の中に残された荷物のうちルイ・ヴィトンのトランクだけは浸水していなかったとか、いろんな伝説を聞いたことがあります。
その伝説が本当かどうかわかりませんが、それだけの伝説を作る技がここにあったのです。しかも100年以上も前に。

この展覧会は、ルイ・ヴィトンファンの方は言わずもがな、ファッションが好きな方、鞄そのものが好きな方、生活の中心に旅がある方、インテリアやデザインに関心が高い方、そして私のようにDIY好きな人も、いろんな角度からそれぞれの楽しみ方ができます。

時代に愛された…いえ、愛されるようなものを作り続け、時代と共に生きてきたルイ・ヴィトン。
どこまでも実直に丁寧に、人々が必要とするものを作り続けてきたがゆえに、逆に必要とされ愛される…「ブランド」とはそういうものなのかな…と、学んだひとときでした。

『空へ、海へ、彼方へ - 旅するルイ・ヴィトン展』は、6/19まで開催中です。

会場:©LOUIS VUITTON / Jeremie Souteyrat

VVV-Tokyo_Poster_high1

Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton
空へ、海へ、彼方へ ─ 旅するルイ・ヴィトン展

2016 年 6 月 19 日(日)まで
東京都千代田区麹町 5 丁目 「旅するルイ・ヴィトン展」特設会場
10:00am – 8:00pm
入場料無料
キュレーター:オリヴィエ・サイヤール アーティスティック・ディレクター&セットデザイナー:ロバート・カーセン アルバム: アスリーヌ社、5 ヶ国語対応
オーディオガイド/公式アプリ:
オーディオガイドならびに携帯のアプリケーションにてエキシビション・ツアーをお楽しみいただけ
ます。

「ひろたみゆ紀・空を仰いで」

photo_an_hirota
たったひとつ眩しく輝く大きな太陽、おぼろげに優しい光を放つ月、一つ一つは小さいけれど幾千幾万という圧倒的な数でキラキラ輝く星たち…空の主人公たちです。
晴れの日もあれば曇りや雨の日、そして嵐の日もあり、毎日刻々と表情を変え、一つとして同じだったことがない空。
その空に輝く太陽・月・星も毎日姿を変えています。空には果てしないドラマがあるのです。

そして、私たちの世界もまた同じ。同じような毎日でも一日たりとも同じ日はありません。ひとりひとりに果てしないドラマがあります。
ここでは、人一倍空から遠いちっちゃいひろたが、空を見上げるように、低いところからいろんなものを見上げてひとつひとつドラマを探しにいきます。

プロフィール

栃木県出身。NHK宇都宮放送局のキャスター、レディオベリー(エフエム栃木)のパーソナリティを経てフリーへ。
以降ニッポン放送のパーソナリティやリポーターを務めるなどフリーアナウンサーとして活動。
2009年には韓国に語学留学。両国の文化を身につけパワーアップして活動中。