鈴木杏樹のいってらっしゃい

ドライヤーの上手な使い方

タグ

忙しい朝など、少しでも早く髪の毛を乾かしたいですよネ。そんな時のために、専門家の方のアドバイスをご紹介します。

ドライヤーを使う時間を短くするためには、事前にタオルでしっかりと水分を取ること(タオルドライ)が大切です。

その後にドライヤーを使いますが、髪の毛全体に温風をあてます。その時、髪の毛の根元にあてることで、素早く乾燥させることが出来るそうです。特に毛先は傷みやすいので、出来る限りドライヤーをあてる時間は短くすると良いそうです。

“ドライヤーの風をあてる向き”にも注意が必要です。顔の真横からドライヤーをあてると、風が下へ流れて行かないため髪の毛全体を乾かすことが難しくなって、ドライヤーを使う時間が長くなってしまうそうです。風の流れを作るのと同時に、キューティクルを閉じやすいように、斜め上からドライヤーの風をあてると良いそうです。

髪の毛をボリュームアップさせたい時は、根元を下から上に、逆にボリュームダウンさせる時は、髪の毛の流れと同じ方向に手ぐしを通して、上から下に温風をあてるのが良いそうです。

ドライヤーを使っていると、コゲ臭い匂いがすることがありますが、これは”吸い込み口や、吹き出し口のホコリが燃える匂い”だそうです。それを防ぐためにブラシや綿棒、掃除機などで取り除くなど、定期的なお手入れが必要だそうです。そうやってお手入れした後も、異常な匂いがした時は使うのを止めて、お買い上げの販売店に連絡するのが良いそうです。


■今週の感想

ドライヤーといえば中学生の頃、毎朝『くるくるドライヤー』で髪の毛をセットして学校に行っていたことを思い出しました。本当に便利ですよネ。

現在、私が使っているドライヤーは、パナソニックさんの『ナノケアシリーズ』ですが、最新型ではありません(笑)それでもとても重宝しています。

今回、ドライヤーについて学んだので髪の毛を冷やすためではなく、ツヤのために『COOL』を使っています。

(2017/10/6放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.