しゃベルシネマ

初音映莉子×高良健吾×草刈民代、角田光代の傑作がスクリーンに『月と雷』

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第289回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、10月7日から公開となった『月と雷』を掘り起こします。


邪魔しないで、あたしの人生。平穏だった人生が再び大きく揺らいでいく…。


『八日目の蟬』『紙の月』など、日常に潜むリアルな人間模様の描写に定評のある直木賞作家、角田光代。家族の在り方を問いただした長編小説「月と雷」は、角田文学の真骨頂とも評される名作です。

それを『海を感じる時』の安藤尋監督が映画化、繊細かつ力強い映像でスクリーンに焼き付けました。


あたしはこれから、普通の家庭を築き、まっとうな生活を重ねていく…。子どもの頃に母が家出したため、普通の家庭を知らないまま大人になった泰子は結婚を控えていた。

そんな彼女の前に現れたのが、かつて半年間だけ一緒に暮らした父の愛人・直子とその息子・智。20年前、彼らが家に転がり込んできたことで、泰子の家庭は壊れたはずだった。

そして根無し草のまま大人になった智は、再び泰子の人生を無邪気にかき回し始める…。


泰子を演じるのは『終戦のエンペラー』でハリウッドデビューを果たした初音映莉子。智役には映画にドラマに、着実にそのキャリアを積み重ねている高良健吾。智の母親で泰子の父親の愛人だった直子役に、元バレリーナで女優としての活躍も目覚ましい草刈民代。彼らの演技力の高さには圧倒されることしきり。

トラウマを抱える泰子の揺れる心情、何を考えているのか掴みどころのない智の屈託ない笑顔、直子が漂わせる自由奔放さと深い孤独。それぞれが纏う空気感が絶妙に絡み合うことで“不安定”というバランスを生み出し、ドラマにより深みを与えています。


普通の人間関係を築けず、あてもないけど特別苦労することもなく生きていく大人たち。人が持つある種の葛藤や複雑な感情をリアルに切り取り、そして何を“選択”するかを描いた本作。

彼らの姿を追いかけていると、親と子、家族、生活の本当の意味を考えずにはいられません。


月と雷
2017年10月7日からテアトル新宿ほか全国ロードショー
監督:安藤尋
原作:角田光代(中公文庫)
出演:初音映莉子、高良健吾、藤井武美、黒田大輔、市川由衣、村上淳、木場勝己、草刈民代 ほか
©2012 角田光代/中央公論新社 ©2017「月と雷」製作委員会
公式サイト http://tsukitokaminari.com/

八雲ふみね,しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.