「試合の前日は、寝る前にも、頭の中で18ホールをプレーする」女子プロゴルフ・イ・ボミ(27歳) スポーツ人間模様

10000000000000030429_20160609073227032458_P1606060000872

きょう9日から4日間、兵庫県神戸市で開催される「サントリーレディスオープン」に出場するイ・ボミ。
きのうはアマプロトーナメントが行われ、「韓国にいるみたい」と驚きのひとことが飛び出しました。
かつてない隆盛ムードにある、女子プロツアーを牽引する1人。
出場する試合では、誰よりも多く、ギャラリーのクギづけにしています。

イは先日この番組にゲスト出演していただいた時にも「オリンピックに絶対出たい!」と言っていた。

だけど、日本では1番になったイも、世界ランクでは17位、韓国に帰ると上から8番目に過ぎない。
リオデジャネイオリンピック出場は各国最大で4人。

過去日本ツアーでは通算16勝をあげているものの、兵庫県内で開催されたトーナメントでは勝っていません。
それだけに、「今度こそ」という気持ちが随所に感じられます。
今季は1勝をあげ、開幕からの連続トップ10記録を更新中。
抜群の安定感を誇っていますが、きのうは、記録の話題になると「それよりも2勝目が一番」とボルテージが上がりました。

今週からの日本ツアーを3連勝して、7月7日に開幕する今季4大メジャー第3戦、「全米女子オープン」でも優勝を飾ると、ライバルたちをごぼう抜きにできるかもしれない。
スマイルキャンディーの異名があるように、いつも微笑みをたたえていても闘志の炎が消えることはありません。

ところで、なぜ、「韓国にいるみたい」と口にしたかといえば、今回は日本での地元にあたり、コースから自宅まで車で約25分の同じ神戸市内に住んでいるからです。

それにしても、準地元ということもありますが、すさまじい人気です。
広いコースでも、大勢のギャラリーが付いて回るだけに、イがどこにいるのかすぐにわかるほど。

一方で、頭が下がるのは、ファンクラブ会員のマナーでしょう。イの応援をするとともに、コースに落ちているごみを拾いながら観戦をしている。
かつて、サッカーワールドカップでは、日本のサポーターがスタジアムのごみを拾う姿が、世界中で称賛されました。見ていてとても清々しい気分に。

きょうから正念場の戦いがスタート。
「試合の前日は、寝る前にも、頭の中で18ホールをプレーする」
そうですが、さあ、いよいよその秘めた力の爆発が見られるのか?楽しみです。

(原文)青木政司

6月9日(木) 高嶋ひでたけのあさラジ!「スポーツ人間模様」