SNS映えする新感覚のアイス「ヨーグルトバーク」とは?

こんにちは本仮屋ユイカです。毎日を楽しく過ごすための秘訣やヒントをお伝えしていく笑顔のココロエ。
本日は注目ワードや雑学を紹介するココロエ版「は・ひ・ふ・へ・ほ」です。

今日はアメリカのインスタグラムから流行が広まったという、新しい手作りスイーツのお話です。

それは手で割って食べる新感覚のアイス「ヨーグルトバーク」です。人気の秘密は作り方が簡単な上、色や見た目がキュートでSNS映えするところとのことです。

その作り方は、まず、バットにクッキングシートを敷き、そこに水切りをしたヨーグルトを1センチ程度の厚さに均等に広げ、その上にフルーツやナッツをちらし、それを冷凍庫で2時間ほど凍らせれば完成。

あとはバットから取り出し、食べやすいサイズに割るだけ。ちなみに「バーク」とは木の皮のことで、凍らせたヨーグルトを割った形状が木の皮に似ていたため、そう名付けられたとのことです。

使うヨーグルトやフルーツをアレンジすれば自分好みにできるだけでなく、ヨーグルトはヘルシーという点も魅力で人気となっているようです。

ヨーグルトバーク

いま作ってみたいスイーツNo.1!ヨーグルトバーク(Tasty Japanより)

<ユイカの感想>

まず今日の感想を「は・ひ・ふ・へ・ほ」で言うと「ひゃ〜、美味しそう!」。

SNS映えって言葉、最近とてもよく耳にします。私はSNSって何もやっていないので、へえ~、地球上ではそんな感じかあ、と見ています(笑)。

確かに絵になって華やかでとても魅力的だなと思います。これ、いいね~! この見た目はホワイトチョコで、こういうの、あります。真っ白くて、割ってあって、中にフルーツがあるやつ。

でも、私、ホワイトチョコ、ダメなんです。でも、これならいけますね。ヨーグルトだし。ヘルシーだし。

水切りって難しくないですか? お豆腐とかも水切りしてから焼くというのが難しいですよね。バチバチバチ!ってなってしまって、水が切れていなかったということが度々あります。
そういう人のために、濃厚ヨーグルトだとそれほど水切りしなくてもいいとのことです!

新感覚のアイス「ヨーグルトバーク」、本当に簡単そうなのでヘルシー志向の方、ご興味ある方、作ってみてはいかがですか?

(9月19日放送分より)

『太田胃散プレゼンツ 本仮屋ユイカ 笑顔のココロエ』
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 15:36~ ABCラジオ14:54~

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.