この週末まで!2,500株のバラが見られる「信州中野バラ祭り」【本仮屋ユイカ 笑顔のココロエ】

笑顔のココロエ、好奇心くすぐる旬の情報をお届けいたします。

今日ご紹介するのは長野県中野市にある一本木公園で、6月12日(日)まで楽しめる「信州中野バラ祭り」。

花-1

花にはそれぞれ咲く時期がありますが、一年に一度、花を咲かせるものを一季咲き、一年に何度も咲かせられるものを四季咲きといいます。中にはもともと一季咲きだった花が品種改良によって四季咲きになるものもあって、バラもその一つです。バラにはほかにも返り咲き、繰り返し咲きなど、咲き方のタイプがいろいろありますが、どのタイプも一斉にたくさん咲くのが春先から初夏にかけてです。

一本木公園に咲くのは、850種2,500株のバラ。かぐや姫、カトリーヌ・ドヌーブ、ゴールデンハート、リオサンバといった品種名を見ながら園内を歩くのも楽しいかもしれません。

<本仮屋さんの感想>

リオサンバって? どんな賑やかなバラなんだろう、すごく興味あります(笑)。一回ではなくて一年に四回も楽しめるのもあるんですね。他にも返り咲き、繰り返し咲きとあります。
いいですね、咲き方にガッツを感じますね。

お花って人が疲れた時に邪気を吸って枯れてくれるなどといいますが、ホントなんですって。しかもお花に「こういう事情で今日疲れているので吸い取ってください」とお願いしてかざすと、「わかったわ」て本当に吸い取ってくれるらしいですよ。

切り花は切られた時点でもう自分の命が短いのがわかるんですって、命短いからこそ人の役に少しでも立って生を全うしたいっていう気持ちなんですって。健気ですよね~。

バラを楽しみながら、バラに癒される一日を過ごしてみませんか。

写真2

2016信州なかのバラまつり
2016年6月12日(日)まで開催中
一本木公園(長野県中野市)

(2016/6/6放送分より)

『太田胃散プレゼンツ 本仮屋ユイカ 笑顔のココロエ』
毎週月曜~金曜 ニッポン放送15:36~ ABCラジオ14:54~