しゃベルシネマ

すみれハリウッドデビュー作は人生の奇跡を描いた感動作!『アメイジング・ジャーニー 神の小屋より』

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第273回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、9月9日から公開となった『アメイジング・ジャーニー 神の小屋より』を掘り起こします。


人生に絶望した男が辿る“心の旅”、そしてたどり着いた答えとは…。


愛する妻と3人の子どもたちに囲まれて暮らすマック。誰の目から見ても幸せな生活送っていたが、最愛の末娘ミッシーがキャンプ中に誘拐されたことで一変する。

廃れた山小屋で発見された血に染まったミッシーのドレスから、警察が追っている連続殺人犯の凶行であると推測されたが、ミッシーの遺体は見つからなかった。年月が過ぎても深い哀しみから抜け出せないマックと残された妻子の間には溝が深まっていた。

そんなある日、マックの元に「あの小屋へ来い」と書かれた奇妙な招待状が届き…。


自費出版ながら口コミで評判が広がり、世界40カ国で発刊されてベストセラーとなったウィリアム・ポールヤングの小説『神の小屋』を映画化したヒューマン・ドラマ。

娘を失ったことから深い悲しみの渕にいる男性が、3人の男女との出会いを通じて再生していく姿が綴られた感動作です。


主人公のマックを演じるのは、ハリウッドを代表する名優サム・ワーシントン。

マックを救おうとする不思議な3人組の男女には、オスカー女優のオクタビア・スペンサーとイスラエル出身の俳優アヴラハム・アヴィヴ・アラッシュ。

さらに日本からは、モデル・歌手として幅広く活動するすみれが参加。ハリウッドの名だたる俳優たちと肩を並べ、瑞々しい演技を披露し、華々しいハリウッドデビューを飾りました。


悲しみや辛さ、そこから来る怒りとどのように向き合い、立ち直り、生きていくか…というのは、誰の人生においても大きなテーマではないでしょうか。そんな感情から解き放たれるまでの赦しと癒しを哲学的に描き出した本作。

マックと共に出かける“心の旅”は、あなたの心にも温かな光を与えてくれることでしょう。


アメイジング・ジャーニー 神の小屋より
2017年9月9日から新宿バルト9ほか全国ロードショー
監督:チュアート・ヘイゼルダイン
出演:サム・ワーシントン、オクタビア・スペンサー、アヴラハム・アヴィヴ・アラッシュ、すみれ ほか
©2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
公式サイト http://amazing-journey.jp/

八雲ふみね,しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.