『家族の支え、そして早稲田大学の大学院入学。スポーツは続く』花岡伸和選手(ハンドサイクリスト)インタビュー(4)

ニッポンチャレンジドアスリート・花岡伸和(ハンドサイクリスト) インタビュー(4)】

このコーナーは毎回ひとりの障がい者アスリート、チャレンジドアスリート、および障がい者アスリートを支える方にスポットをあて、スポーツに対する取り組み、苦労、喜びなどを伺います。

img_0

花岡伸和(ハンドサイクリスト)
1976年大阪生まれ。高校3年生の時にバイク事故で脊髄を損傷し車いす生活に。翌年から車いす陸上を始め、2002年、1,500mとマラソンで当時の日本記録を樹立した。2004年、アテネパラリンピックに出場し、マラソンで日本人最高の6位に入賞。ロンドン大会でも5位に入賞し、陸上を引退。現在はハンドサイクルに転向し、現役でプレーするかたわら、日本パラ陸上競技連盟の副理事長を務める。

―花岡にはプロアスリートになった時、励まされ、心の支えになった曲がある。

花岡 コブクロの「YELL~エール~」です。僕が公務員を辞めてプロアスリートの活動を始めた2001年にちょうど彼らもこの曲でデビューして。それを聴いて僕も頑張ろうと思いました。彼らもストリートから這い上がって頑張った遅咲きのアーティストですが、そういうところがこれから自分の好きなことで一生懸命やっていくんだと決心した自分にものすごく響きました。

―花岡はアテネパラリンピックの翌年、2005年に結婚、今年10歳になる長男がいる。家族ができたことは競技生活の上でも大きな励みになっているそうだ。

花岡 当然、妻には日々世話になっているのですが、息子の存在が北京の落選した後とても大きかったです。息子に頑張っている強い親父の姿を見せてあげたいと思いました。当時、2歳か3歳だったのですが、息子の記憶に残るまで頑張ってみようというのが北京の落選からロンドンに向けてもう一度踏み出せたきっかけでもありましたし、その2012年の記憶というのは今、子供に強く残っているので続けてよかったと思います。

―花岡は競技活動のかたわらこの春から早稲田大学の大学院に入学した。専攻はエリートコーチング。オリンピック・パラリンピックを目指す選手の才能を最大限引き出すためにはどんな指導をしたらいいかを考える学問だ。

花岡 選手がアカデミックな世界に入って行くというのはこれからすごく大事なことだと考えています。2020年に向けて少しでも結果を出したい選手の力になれたらいいなと思います。
授業を受けていて思うのですが、自分が今までやって来たことの答え合わせができていることがたくさんあります。自分が正しいと思ってやってきたことが、座学の時間に本当に正しかったんだと実感できることがあるので、選手にもより自信を持って伝えることができると思います。そうすると選手は安心するし、安心して取り組めるということは強くなるための近道だと思います。

―花岡に今後の夢を聞いてみた。

花岡 2020年の東京パラリンピックに向けてということもありますが、そこから先もスポーツは続いて行くのでパラリンピックにかかわらず、オリンピックにかかわらず、スポーツを通してハッピーになれる人が一人でも多く生まれるような国に日本がなっていったらいいという願いがあります。それに携われる一人になれたらと思います。

(2016年5月30日~6月3日放送分より)

ニッポンチャレンジドアスリート
ニッポン放送 毎週月曜~金曜 13:42~放送中
(月曜~木曜は「土屋礼央 レオなるど」内、金曜は「金曜ブラボー。」内)
番組ホームページでは、今回のインタビューの模様を音声でお聴き頂けます。