照美とひでたけで深夜ラジオ番組をやりたい

『レジェンドアナウンサーを直撃!今だから言えるアノ話』
元文化放送・吉田照美さん②

高嶋)2人で喋っていると、いつまで話が続くんだって感じですけど…照美さんは、喋っているだけじゃなくて、絵をずっと続けているよね?

照美)子供の頃から、親に「話に脈絡がない」「話が飛ぶ」とか言われて、喋るのが苦手だったはずなのに、なぜかその苦手な方向にきちゃった。
そんな中で、50歳に近づいた時、自分の好きな道は何だったのかと考えたら、図画工作や美術で絵を描くと、「うまいね」と褒められていたことを思い出して、そういうことを1回やってみようと、独学で始めたんですね。
最初は色鉛筆画、次が水彩画・・・そうこうしているうちに番組のゲストで八代亜紀さんが来られて。ほら、八代さんは油絵をやられているでしょ。何度か来てもらっているうちに、家が近いこともあって、八代さんの事務所兼ギャラリーの油絵教室に通うようになったんです。

高嶋)売れるようになるまで何年くらいかかったんですか?

照美)1年くらい油絵教室で勉強して…3年目くらいに初めて個展をやりましたね。

高嶋)絵が売れたら、ラジオなんてバカバカしくてやってられないでしょ?

照美)いやいや、絵ってそんなに売れないですから(笑)ゴッホを考えてみてくださいよ。今は「すげぇすげぇ」って言ってますけど、生前は1枚も売れてないですよ。

高嶋)好きな画家っているの?

照美)一番衝撃を受けたのは、サルバドール・ダリの作品ですね。

高嶋)自分の番組のタイトルにするくらいだから、好きなんだよねー。

照美)あれ、初めてですよ。自分の考えた番組タイトルが採用されたの。まぁ、もう終わっちゃったからいいんですけど(笑)。

高嶋)個展では、結構売れたんでしょ?

吉田)ビギナーズラックで、そのときが一番売れたんですよね。

高嶋)いくら儲かったの?

吉田)それは言えないですよ。…あとでこっそり言いますけど(笑)。でも、元手は絵の具代とキャンバス代、あとは手間賃だけですから。そう考えると笑いが止まらないですよ。まぁ、どんどん売れたらの話でね。そう簡単には売れません(笑)。

高嶋)60代というのは仕事の円熟期だと思うんですけど、最終的にはどんなラジオをやりたいと思っていますか?

照美)深夜放送には限りなく憧れがありますよね。ある程度フリーに喋れますし。ほかの時間帯は、きっちり放送作家がいて、ディレクターとも綿密に打ち合わせをして構成されますけど、深夜放送はアバウトじゃないですか。そもそも、この世界に入ったのは、「深夜放送をやりたかった」というのがありますからね。

高嶋)わたしと一緒だ。最初はスポーツ放送をやりたくて、スポーツ部に配属されたんだけど、夜、家に帰ってオールナイトニッポンを聞くようになってから変わっちゃったの。あぁ、こういうのやりたいなぁって。

照美)高嶋さんは誰の影響を一番受けているんですか?

高嶋)てっちゃんですよ。(元ニッポン放送・今仁哲夫さん)

照美)やっぱりそうですよね!みのさんは土居さんですし。(元文化放送・土居まさるさん)

高嶋)最初はみんなそうだよね。流行語もばんばん出てくる。「バチバチケッケ」とか「さすが流石ながれいし」とか。「青木の奥さんが…」とかね(笑)。あれは特定の人がいるわけじゃなくて、おばさんの意見はこうなんだというのを例えていたんだよね。家庭の話は「うちの久が…」だったりね。

照美)今仁さんって、お元気なんですか?

高嶋)いや、知らない(笑)。

照美)なんでっ!…まぁ、わりとそういうところがありますよね。文化放送も、昔のすごい喋り手の方の消息を誰も知らないとか…ああいう冷たさはどこからくるんでしょ(笑)。

高嶋)いろいろあるんですよ、人間というのは(笑)。

照美)こういうメディアだからこそ、ホットにしてほしいんだけどなぁ!そういうところはどこの放送局も冷たいと思うんですよね~。

高嶋)冷たいというより、自分の「個」なんだよね。

照美)確かに。アナウンサー、一国一城の主のような感覚があるんですよね。

高嶋)でも、話していて思ったけど、今度どこかの局で一緒にやりたいね!伊東四朗さんに何かあったら、オレが行きますから(笑)。

照美)ボク、ニッポン放送で仕事をしたことないんで、高嶋さんと一緒にやる、深夜の枠くれないかなぁ、絶対聴きたいでしょ。

高嶋)僕のところには誰も相談に来なさそうだね。

照美)そういう空気感を高嶋さんが出してるんじゃないですか。僕なんかバカにされるキャラだけど、高嶋さんには突っ込みにくいんじゃないかなぁ。ラジオ聴いている人、大体ボクのことはバカにしている人が多いですから。「このロバ!」と言えば、それでいいみたいな(笑)。

高嶋)私だって、ネットでは誹謗中傷がいろいろありますよ(笑)。

照美)気にしていたらやっていけないですよ。僕はもっとひどいですから。

高嶋)まぁ、わたしたちは 我が道をいきましょうよ!

照美)そうですね(笑)。

8月24日(木) 高嶋ひでたけのあさラジ!「三菱電機プレゼンツ・ひでたけのやじうま好奇心」より

高嶋ひでたけのあさラジ!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.