国道4号にある二つの地下宮殿【スイスイサタデー ~カロ・ソリーゾ!】

今週のスイスイサタデー~カロ・ソリーゾ!は”国道4号線・日光街道”を特集。
以前も登場していただいた道路マニア・松波成行さんに電話出演していただき国道4号線の魅力をたっぷり語っていただきました。

松波さんによると、国道4号線の魅力は・・・「地下宮殿」。
これはいったい、どういうことなのか。
松波さんが、国道4号線沿いにある“地下宮殿”を2か所解説。

1つめの「地下宮殿」は…埼玉県の春日部にある「首都圏外郭放水路」。

「ゲリラ豪雨や台風災害時の有事を想定した地下の貯水場なのですが、
その地下空間は、まさにギリシャ神殿のような地下宮殿の光景!
普段、大雨のような事態がなければ一般見学ができるようになっています!」

2つめは宇都宮にある「大谷資料館」。

「こちらは石材として有名な「大谷石」の採掘場跡を資料館として
オープンしていますが、異国の地下宮殿の古代遺跡を思わせるスペクタクル。
また、夏の時期でも坑内の平均気温は8℃前後と涼しいため、関東近郊であれば手頃な涼を楽しむことができることでもおススメです!」

この夏のお出かけにいかがでしょうか??

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.