東御市で奥様と二人三脚でぶどう農園にチャレンジした元競輪選手 「あけの語りびと」(朗読公開)

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。
上柳昌彦あさぼらけ 『あけの語りびと』

「ヴィラデスト ヴィニュロンズ リザーブ シャルドネ2014」

カタカナ読みの苦手な私が、力をふりしぼって読ませていただきました。
何の名前か分かった方は、かなりの食通か?のん兵衛か?または政府関係者の方でしょう。

今、ご紹介したのは、今回の伊勢志摩サミットのワーキング・ディナーで各国首脳に出されたワインの名前なんです。

生まれは、長野県東御市(とうみし)のワイナリー・・・。
東御市のワインは、もう一銘柄、赤ワインも選ばれており、信州ワインの実力が、ここからもうかがえます。

 4年前、この東御市でたった一人、ぶどう農園にチャレンジした人がいます。
飯島規之(のりゆき)さん、50歳。

12038010_1055576157800490_5627408795953749759_n

飯島さんは、元・競輪の選手。
 4千メートル個人追い抜きなどトラック種目が得意で、国内の大会では何度も日本一に輝き、2001年マレーシアで開かれたワールドカップでは銀メダルを獲得しました。

「特に自転車に思い入れがあったわけではないんです。ただ、競輪なら一歩ずつ努力を積み上げていけば、必ず芽が出ると思ったんです」

こう語る飯島さんは、中学・高校時代は棒高跳びの選手。
“一歩ずつ”の精神は、棒高跳びで培われたようです。

40歳になり選手生活のピークを越えたころから、次の人生を考え始めた飯島さんの脳裏に、ワイン作りが浮かんだのは、なぜでしょう?

「海外遠征をしたとき、レセプションやパーティーで必ず出るのがワイン。ワインは、喜びの酒なんです。家族や友だちや恋人と喜びを分かち合う。そんな酒を造る裏方になれたらな・・・と思ったんです」

そういえば、ワインでヤケ酒というのは、あまり聞いたことがありません。
こうして、何も知らないまま飛び込んだのが、長野県の農業大学校。
週に二日、ワイン農家での実習がありました。
飯島さんの心は決まりました。

「よし!ぼくも、東御で・・・ワインを作ろう!」

10153036_775330979158344_7782681652148664703_n-(1)

自分のぶどう農園の名前は「シクロ・ヴィンヤード」
フランス語で自転車を意味する「シクロ」と名づけました。
「ヴィンヤード」はぶどう農園のことです。
ぶどうの木にとって大切なのは、日当たりと水はけの良さ。
それに、昼と夜の寒暖差も欠かせません。

東御は、その点において申し分のない土地でしたが、ほかの点では、苦労続きの連続でした。

11079061_976438562380917_1416826019894550654_n

借りた土地は、雑木が生い茂った傾斜地。伐採作業も大変でした。
北は浅間山、南は蓼科山から吹き降ろす冷気で、霜の被害が発生。
せっかく植えたぶどうの苗木が枯れ「もう、ダメだ」と思ったことも二度、三度・・・。
しかし、妻の祐子さんを、さいたま市の家に置いたまま、
飯島さんは孤軍奮闘!最初の一年を、たった一人で頑張りぬきました。

こうした姿に、まず反応を示したのは、地元の農家やぶどう農園の人たち。

「あっついね~! ほらジュースをどうぞ。水分補給をしなくちゃ」
「遠くから水を運ぶのは大変だ。水やりの時は、うちの井戸を使えばいい」
「うちの休ませてる田んぼ、あすこにもぶどうを植えたら、どうかね?」

最初は口もきいてくれなかった人たちが、実はみ~んな親切であることが分かりました。
こうして4年。今では2.2ヘクタール=およそ6,650坪の土地に、4,300本のぶどうを植え付けています。

11870932_1032981000060006_748877406978626776_n

2年目からは、妻の祐子さんも呼び寄せました。   

「勉強しながらの二人三脚でした。妻には本当に感謝しています」

12657431_1126879797336792_891748841975597478_o

飯島さんはこの春、自分のワインを初めて、市場に出しました。
数は800本とわずかでしたが、祐子さんと二人、涙の乾杯をしました!

10382747_1150130121678426_5715285734141416749_n1964809_1153549218003183_6840228928557696384_n

ラベルには、自転車の競技用語で「パシュート」=追い抜き、探求、追求~いう意味の言葉が印刷されています。

これは、奥さんの祐子さんが命名した名前なんです。

2016年6月1日(水) 上柳昌彦 あさぼらけ あけの語りびと より

朗読BGM作曲・演奏 森丘ヒロキ