あけの語りびと

天才車体設計士が波乱万丈のなか造りあげた真っ赤な世界最小バイク「あけの語りびと」(朗読公開)

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。
上柳昌彦あさぼらけ 『あけの語りびと』

モンキー

モンキー (Honda公式サイトより)

ホンダの原付バイク「モンキー」が、8月いっぱいで生産終了します。
初代モンキーは、1967年の発売で、今年50周年。
小さくて愛らしいデザインと定評のあるホンダのエンジンで、半世紀にわたり根強い人気を誇ってきましたが、今年から強化された排ガス規制をクリアできず、生産終了に……。
中高年の男性には、ちょっと寂しいニュースですよね。

仔猿

「CKデザイン」が発売する公道を走れる世界最小のバイク「仔猿」

そんなモンキーより、さらにひと回り小さなバイクが元気です。
その名も「仔猿(コザル)」。
調布市の二輪車設計事務所「CKデザイン」が発売する「仔猿」は、公道を走れるバイクとしては、世界最小だそうです。

佐々木和夫

佐々木和夫さん

「仔猿」の生みの親、佐々木和夫さんは元ホンダの技術者で、二輪車の車体設計を担当していました。
当時、設計図は手描きの時代で、平面図に立体的なボディーを描く佐々木さんの腕は天才的で、業界でもその名は知れ渡っていました。

ホンダの研究所で出世街道をひた走っていた佐々木さん。
ホンダの「ナナハン」が若者の憧れだったころ「自分が思った通りのバイクを作りたい」と、1980年に独立。
たった一人で二輪車のデザイン会社を始めました。
最初はいくつか仕事が入って来ましたが段々なくなり、バイクショップを回ったりバイク雑誌でコラムを書いたり、まだ30代だった佐々木さん、家族を支えるために必死でした。

雑誌

佐々木和夫さんの執筆したバイク雑誌のコラム

朝、「行ってきます!」と家を出ても仕事はなく、昼ご飯を食べるお金もなく、百円のアイスで空腹をしのぎました。
資金も底をつきいよいよ倒産か、と諦めかけたとき、顔見知りだったヘルメットメーカーの社長さんから技術顧問の話があり、どうにか倒産の危機を免れました。

その頃に開発したのが、「全天候型バイク」でした。
さっそく、おそば屋さんに売り込みに行くと「雨の日にわざわざそんなバイクに乗らなくても、カッパを着れば十分だよ」と話も聞いてくれません。
ところが時代はバブル景気を迎え宅配ピザが人気になり、この「全天候型バイク」が配達にピッタリ!
売れに売れて大ヒット!年商数億円!従業員10人をかかえて「ビルを買おうか!」という話が持ち上がりますが、佐々木さんは「俺は金儲けのために、バイクのデザイン会社を始めたわけじゃない」と、自分の夢に向かって走り出します。

佐々木和夫

笑顔の佐々木和夫さん

ドイツのオートバイメーカー「ホレックス」の製造権を買い取り、世界最速レベル、単気筒オートバイの生産に乗り出します。644cc、時速200キロのレーシングタイプ。
真っ赤なボディーでドイツの専門誌にも紹介されるほど、発売前から大きな話題になりました。

雑誌

ドイツの専門誌でも話題になりました

真っ赤なボディが目を引きます

まずは50台を製造しドイツへ売り込もうと思った矢先、あの東西ドイツの統一で経済ショックが起こり、佐々木さんに残ったのは「億単位」の借金だけでした。
「従業員にやめてもらうのが一番つらかった」という佐々木さんは、また一から出直すことになりました。

ある日、フリーマーケットでホンダの汎用エンジンを見つけます。
ポンプや草刈りに使われる31ccの小さな4サイクルエンジンです。

「見れば見るほど、素晴らしいエンジンでね、その時、ふと本田宗一郎さんの声が聞こえたような気がしたんです。『君だったら、このエンジンで、何を作るんだい』とね。」

こうして作り上げたのが、世界最小バイク「仔猿」でした。

佐々木和夫

仔猿に乗る佐々木和夫さん

「友達を数えたら36人いて、そこで36台作って押し売りしたんです。友達はいい迷惑だっただろうね。ところが意外なことに反響がよくて『このバイク、面白いよ』とか『初めてバイクに乗った日を思い出したよ』とか、みんな子供のように喜んでくれてね」

こうして、2003年に発売した「仔猿」は今年、累計販売台数1000台を突破しました。

「仔猿はキットの発売もしていて、夏休み、親子で組み立てたいと注文が来るんですよ。いま原付バイクはスクーターばかりですが、跨いで乗るバイクの面白さをもっと知ってもらうためにも、仔猿は、未来のライダーへ贈る、私の子供だと思っています」

部品

仔猿のキットにある部品

佐々木さんの年齢は、60代。
「ずっと64歳のまま」だそうです。

8月5日6日、今度の土日、軽井沢で、仔猿ミーティング「仔猿モーターサイクルショー」が開かれます。
全国から、仔猿のオーナーやファンが軽井沢に集結します。
詳しいことは、「CKデザイン」のホームページをご覧ください。

CKデザイン

CKデザイン

2017年8月2日(水) 上柳昌彦 あさぼらけ あけの語りびと より

朗読BGM作曲・演奏 森丘ヒロキ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.