旧東海道・薩埵峠を歩く~新富士駅「駿河名産つまみ喰い 天晴れ!! 富士山弁当」(1,030円) 【ライター望月の駅弁膝栗毛】

bl160530-1

静岡エリアの東海道線でしばしば目にするのが「興津(おきつ)」行という列車。
「興津駅」は静岡駅から東へ4つほど戻った静岡市清水区にある駅です。
元々は、旧東海道17番目の宿場町として発展、東海道線の開通当初から駅も設けられました。
当時は海も近かったことから、当時のVIPたちのリゾート地にも・・・。
大正から昭和にかけては最後の元老・西園寺公望が別荘を構えたことから、当時の政界の人物たちによる「興津詣で」が行われたといいます。

bl160530-2

そんな興津駅から1つ隣の由比駅までは、旧東海道の中でも特に絶景で知られる「薩埵峠(さったとうげ)」があります。
今年1月、興津駅で降りて、新春の旧東海道・薩埵峠を歩いた時の模様を今回はアップ。
「薩埵峠」は歌川広重の東海道五十三次「由比宿」でも有名。
実際に歩くなら、興津⇒由比のルートでで歩いたほうが登りの区間が短く、富士山を正面に見ながら歩くことが出来ます。
この日もみかん畑の中を、東海道線と駿河湾を見下ろしながら、ゆっくりと歩いていきます。

bl160530-3

興津駅から上り坂を歩き続けて1時間あまり。
ついに目の前の視界が開けると、大きな富士山が飛び込んできました。
「薩埵峠」は”東海道の親不知”と例えられる区間、線路と道路が斜面にへばりつくような景色が続きます。
右手に広がる由比の海の名産といえば、やっぱり「桜えび」。
例年4月~6月初めまで「春漁」、10~12月に「秋漁」が行われ、漁業資源の保護が図られています。

bl160530-4

さらに由比側に歩いてくると、富士山が一層間近に迫ってきました。
左から東海道線、国道1号、右が東名高速。
東海道新幹線は、さらに左の山の中をトンネルで抜けています。
この区間が、日本の「物流の要」であることが分かります。
おっ、東海道線に何か列車が下ってきましたよ!

bl160530-5

身延線の甲府からやってきた373系特急「ふじかわ」でした。
その昔、151系「こだま」や東京直通普通列車、数々のブルートレインが行き交った場所。
現在、この区間を走る昼行特急は「ふじかわ」、定期寝台特急は「サンライズ瀬戸・出雲」のみとなっています。
昔を知る世代には寂しさもあると思いますが、短い3両編成であっても今も特急列車が走っているのはイイですね。
なお東海道で”路線バス乗り継ぎの旅”をやると、由比~興津間でバスが途切れるため、この峠道を歩くことになります。

bl160530-6

そんな富士山。「ふじかわ」ゆかりの駅弁といえば、新富士駅弁・富陽軒の「駿河名産つまみ喰い 天晴れ!!富士山弁当」。
「実力派スタア豪華共演」と銘打たれた上蓋は、レトロな映画のポスターをモチーフにしたものだそう。
触れ込みに違わず、静岡の名産食材がいっぱい詰まった駅弁となっています。
年齢を重ねてくると、ガッツリ1つの食材より「少量でいいものを・・・」という考えの方も増えてくるはず。
レトロな掛け紙は、そんな世代の人をターゲットにしているのかも!?

bl160530-7

【お献立】
豚肉西京味噌漬け
黒はんぺんフライ(蒲原産)
桜海老煎り煮(由比産)
手作りこんにゃくピリ辛煮
玉子焼
なすの揚げ煮
南瓜含め煮
切干大根油揚げ甘煮
花人参
絹さや
茎山葵漬け

bl160530-8

蓋を開けるとやっぱり目の前に現れる、白飯と桜えびの「赤富士」が印象的。
青のりで表現された山すそに浮かぶ雲も、ゆったりとした気分にさせてくれます。
地元には「富士山は見るもの」という人も少なくありませんが、富士山駅弁もまずは「見るもの」。
しっかり愛でてから味わっていきたいのはメインの「豚の西京味噌漬け」もさることながら、鰯を使った「黒はんぺんフライ」。
黒いビジュアルはもちろん、かみしめた時の魚のすりつぶした感も楽しめるのが「静岡の味」です。

bl160530-9

見て、食べて楽しめる、日本一の山「富士山」。
あと1か月もすると「登って楽しめる」山にもなっていきます。
美しい姿が見られる時に、思う存分「富士山」を満喫しておくことをおススメしたいと思います。

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!
「ライター望月の駅弁膝栗毛」
(取材・文:望月崇史)

【ごあいさつ】
はじめまして、放送作家の望月崇史(もちづき・たかふみ)と申します。
ニッポン放送には、昔の有楽町の社屋の頃から、かれこれ20年お世話になっています。
最近では、月~木・深夜24時からの「ミュ~コミ+プラス」で放送された、
ルートハンター」のコーナーに、5年ほど出演させていただきました。

そんな私がライフワークとしているのが「駅弁」の食べ歩き。
1年間に食べる「駅弁」の数は多い年でのべ500個。
通算でも4500個を超えているものと思います。
きっかけとなったのも、実はニッポン放送の番組。
2002年~05年に放送された「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の
番組ウェブサイトで「ライター望月の駅弁膝栗毛」を連載することになり、
本格的に「全国の駅弁をひたすら食べまくる生活」に入りました。
以来、私自身のサイトや、近年は「ライター望月の駅弁いい気分」というブログで
「1日1駅弁」を基本に「駅弁」の紹介を続けています。
”駅弁生活15年目”、縁あってニッポン放送のサイトで連載させていただくことになりました。
3つの原則で「駅弁」の紹介をしていきたいと思います。

①1日1駅弁
②駅弁は現地購入
③駅弁のある「旅」も紹介

「1日1駅弁」ですので、日によって情報の濃淡はありますが、
出来るだけ旬の駅弁と鉄道旅の魅力をアップしていきますので、
ゆるりとお付き合い下さい。

【プロフィール】

望月崇史(もちづき・たかふみ)望月

1975年12月8日静岡県生まれ。
早稲田大学在学中から、ニッポン放送で放送作家に。
卒業後の2002年「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の番組サイトで始めた
ライター望月の駅弁膝栗毛」をきっかけに、全国の駅弁食べ歩きをスタート。
以来およそ15年、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。
1日1駅弁のウェブ紹介を日課とし、これまでに食べた駅弁は4500個以上。
ニッポン放送「ミュ~コミ・プラス」ルートハンター、鉄道特番などにも出演。
丸の内朝大学・温泉クラスの講師も務める。