「腕を組む」位置でわかる相手の心理【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

よく見かける仕草には、どんな心理が隠れているの?『仕草から見る心理』について調べました。

 『腕を組む』

Fotolia_104989943_Subscription_Monthly_M

『腕を組む』という仕草は、基本的に人は不機嫌な時に腕を組むと言われています。“腕を組む”という仕草を見せることで、“自分は今、機嫌が悪いです”ということを表現しているそうです。また不機嫌以外にも、相手に対しての警戒心や敵対心、そんな心理も働いているそうです。腕組みをしている人を見ると、何か偉そうに感じたり、威張っている印象を受けることが多いですが、実際には“自分を守る”という心理が働いているそうです。

同じ『腕を組む』でも、腕を組んでいる位置によって心理も変わってくるそうです。例えば『高い位置で腕組みをしている場合』。これは無意識に“相手を威嚇”していることが多いそうです。相手より少しでも優位に立って、自分を大きく見せたい!そんな心理から腕を高い位置で組むそうです。また高い位置で腕組みをしている場合、怒りが爆発して怒鳴る寸前でもあるそうなので、相手の方がそういう時はこちらが感情を抑えることで、衝突を避けられるそうです。

『お腹の上あたりで、腕を組んでいる場合』。これは“考え事や何か物事に集中している時”に表れるそうです。

『腕組みの位置が低い場合』。これは“緊張や不安を感じている時”だそうです。決して機嫌が悪いとか、相手を拒絶しているわけではないですが、今の状態や雰囲気に不安を感じたり、相手を警戒している時は無意識に低い位置で腕組みをする・・と考えられているそうです。

さらに“背中を丸めた状態”で腕組みをするケースもあります。この仕草には緊張感や焦り、動揺が隠されているそうです。

ですので、低い位置で腕組みをしている人、背中を丸めるように腕組みをしている人に対しては、まずは緊張感や警戒心を取ってあげることが大切です。相手をリラックスさせてあげることで、自然と腕を組む仕草が解消されるそうです。

(2016/5/26放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい
ニッポン放送ほか全国ネット
ニッポン放送 毎週月曜~金曜 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。