大人のための“童話”は、ダークなファンタジーだった!『スノーホワイト/氷の王国』 しゃベルシネマ【第13回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
今月から始まりました「しゃベルシネマ」。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介していきます。

「不思議の国のアリス」をアレンジした『アリス・イン・ワンダーランド』の大ヒット以降、ハリウッドでは空前の童話の映画化ブーム。
近年は、おとぎ話の中で「悪役」とされるキャラクターをフィーチャーすることで、オリジナルストーリーとはまったく違った側面を持つ作品が次々発表されています。
そこで今回の「しゃベルシネマ」では、全世界で大ヒットを記録したアクション大作『スノーホワ イト』の続編『スノーホワイト/氷の王国』を掘り起こします。

有名すぎるあの “童話” が、さらなるスピンオフに…。

vol.13-スノーホワイト・011

白雪姫(=スノーホワイト)がこの世に生まれる、何年も前のこと。
「魔法の鏡」を手に入れたラヴェンナ女王は、周囲の王国を次々と乗っ取り、その一族は無敵の存在として恐れられていた。
ラヴェンナの妹フレイヤは姉とは違い心優しい女性だったが、自分の子供を失ったことをきっかけで、悲しみ以外の感情を永遠に閉ざしてしまう。
そして、すべてのものを氷にしてしまうという、姉を凌ぐほど強力な魔力を手に入れたフレイヤは、「愛」を弱さの象徴だとして禁止する“氷の王国”を築き、最強の軍隊を作り上げた。

それから、7年後。

白雪姫とハンターのエリックによってラヴェンナ女王が滅ぼされたという知らせを受けたフレイヤは、氷の王国軍を集結させ、白雪姫の元にある「魔法の鏡」を奪うよう命じる。
その目的は、ラヴェンナ女王を蘇らせ、姉妹の魔力で世界を暗黒の力で覆い尽くすこと。
エリックは故郷でもある氷の王国に戻り、「魔法の鏡」を破壊して彼女の陰謀を阻止しようとするが…。

vol.13-スノーホワイト・021

世界中の誰もが知るグリム童話の名作「白雪姫」に大胆なアレンジを加え映画化し、世界中で大ヒットした前作からさらなる進化を遂げた『スノーホワイト/氷の王国』。

クリス・ヘムズワース、シャーリーズ・セロンといったシリーズオリジナルのキャストに加え、エミリー・ブラント、ジェシカ・チャステインといった世界的な人気女優が加わり、これ以上ない豪華なキャストが実現しました。

美貌と邪悪な力で世界を闇に包み込んだラヴェンナ女王には、さらに美しい妹、フレイヤがいた!
前作で大活躍した戦士、エリックを最強の戦士へと育て上げたのは、実は氷の王国を築いたフレイヤだった!!
…などなど、衝撃の事実が明かされる本作。

その大胆なストーリー展開は、「白雪姫」のアナザーストーリーを超えた貫禄!
あらゆる点でスケールアップした、アクションエンターテインメント超大作です。

いまが旬の人気スターたちが勢揃い!

スノーホワイト/氷の王国』では、八雲ふみねが注目しているハリウッドスターたちが揃って出演。
まず、美しすぎる姉妹を演じる、シャーリーズ・セロンとエミリー・ブラント。

vol.13-スノーホワイト・031

姉のラヴェンナ女王を演じる、シャーリーズ・セロン。
“ハリウッド一の美貌”と言っても過言ではないほどの美しさを持つ彼女の代表作と言えば、やはり『モンスター』。
10kg以上も体重を増やし自らの美しさをかなぐり捨てて主役の連続殺人犯を体当たりで演じ、第76回アカデミー主演女優賞を獲得。
『マッドマックス/怒りのデス・ロード』のフュリオサ役で日本中の映画ファンを虜にしたことも、記憶に新しいでしょう。
どんな難しい役でも体を張って演じ切る、その役者魂には定評があります。

一方、妹のフレイヤを演じるのは、エミリー・ブラント。
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』や『ボーダーライン』など、美しい筋肉美で華麗なアクションを繰り広げる姿が印象的ですが、本作のような高貴な出で立ちもお似合い。
『プラダを着た悪魔』でハリウッドに進出以降、着実にキャリアを重ねている彼女。
年を重ねるごとに輝きが増している女優です。

とにかく、二人の並びの美しいことと言ったら…。
ヘアメイク、ドレス、アクセサリー、どれを取っても女子のお姫様願望をくすぐるコト、間違いなし。

そしてもう一人の美貌の女優と言えば…。

vol.13-スノーホワイト・041

弓の名手でエリックの恋人、サラを演じるジェシカ・チャステイン。
『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』で助演女優賞、『ゼロ・ダーク・サーティ』で主演女優賞と、2年連続アカデミー賞にノミネートされた実力派。
強くて逞しい女性ハンター役で、新たな魅力を発揮しています。

そして、ハリウッドを代表する美人女優3人に囲まれ大活躍する人気スターと言えば…。

vol.13-スノーホワイト・051

エリックを演じる、クリス・ヘムズワース。
『マイティ・ソー』『アベンジャーズ』など、ソー役として世界中の人気者となったクリス。
2014年には、アメリカの大衆誌「ピープル」が選出する「最もセクシーな男性」に選ばれ、ますます人気上昇中。
セクシー&ワイルドな肉体美とチャーミングな笑顔とのギャップが、これまたイイんです。

人気実力ともにハリウッド随一の俳優たちが共演するスタームービー『スノーホワイト/氷の王国』。
この迫力は、是非スクリーンで体感して下さい。

vol.13-スノーホワイト・061

2016年5月27日から全国ロードショー
監督:セドリック・ニコラス=トロイヤン
出演:クリス・ヘムズワース、シャーリーズ・セロン、ジェシカ・チャステイン、エミリー・ブラント、ニック・フロスト ほか
©Universal Pictures
公式サイト http://snow-movie.jp/

八雲さんキャプション