【yoppy】 ゲームってなんでおもしろい? ~話題の展覧会「GAME ON」に潜入~

吉田尚記アナをアイコンとしたカルチャー情報サイト「yoppy」人気記事】

gameon01

2002年に英・ロンドン市のバービカン・センターでの開催以来、世界中を巡回し200万人以上を魅了してきた、“ゲーム”をテーマにした企画展「GAME ON」が、日本に初上陸。

「GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~」が、2016年3月2日(水)から5月30日(月)まで、東京・お台場の日本科学未来館で開催されている。

gameon02

「ゲームってなんでおもしろい?」をテーマに、実社会に大きな影響を与えるようになったゲームの社会的、文化的な意味について解き明かしていく企画展。

開幕前日の3月1日に内覧会が行われ、吉田尚記とyoppy編集部で潜入した。

gameon03

会場の展示の中心となるのは、もちろん「ゲーム」。

アーケードゲームコーナーには、ゲーム元年とも言われる1972年に登場したアーケードゲームのマスターピース「PONG(ポン)」や、大ブームを巻き起こした「スペースインベーダー」など、貴重なゲームの数々が集まっている。

さらに家庭用ゲーム機、世界を魅了したキャラクターゲーム、スマホゲームに至るまで、ゲームの創世記から現在までを実際にプレイできるのがすごい。

内覧会でも、会場に集まっている多くの大人たちが、目をキラキラさせながらプレイしていた。

そして、最先端のゲーム、いわば「ゲームの未来」を先行体験できることも魅力の一つで、大きな目玉となるのが、東京ゲームショウでも話題の的となった、バーチャルリアリティー(VR:仮想現実)システム、PlayStation VR(プレイステーション ヴィーアール)の先行体験。

会場で実際に体感した吉田尚記は、『初めて「日本にモナリザが!」とか言ってる人の気持がわかった!あのPONGから「PS VR」まである!やっぱりゲームやっちゃうんだけど、実は研究展示系がすごい…!プレステVRの先にある「ゲームウォール」がやばい!!今までに発売されたゲームのタイトルが、全部、画面に浮かんでは消える!斬新!!生物の進化過程みたい!』と語るほど、感動を隠し切れない。

gameon04

内覧会に訪れていたあの「高橋名人」と2ショット撮影し、更にテンションがあがった吉田尚記による詳しい感想は、後日掲載するのでお楽しみに。

開催中の企画展「GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~」、是非足を運んでみてはいかがだろうか。

 

【開催情報】
企画展「GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~」
期間:2016年3月2日(水)~5月30日(月)
場所:日本科学未来館[東京・お台場] 1階 企画展示ゾーン
住所:東京都江東区青海2丁目3番6号
休館日:火曜日(ただし、3月29日(火)、4月5日(火)、5月3日(火)は開館)
時間:10:00~17:00(入場券の購入は閉館の30分前まで)
チケット:大人 1500(1200)円、18歳以下 750(600)円 ※土曜日 650(520)円
※()内は8名以上の団体料金。6歳以下の未就学児は無料。
※常設展も閲覧可能。
GAME ON オフィシャルサイト http://gameon.tokyo