日本最大級の鉄道イベント「グランシップトレインフェスタ2016」①~浜松駅「三ケ日牛&遠州しらす弁当」(1,030円) 【ライター望月の駅弁膝栗毛】

bl160523-1

5/14(土)JRの「さわやかウォーキング」に合わせて公開されたJR静岡車両区を後に、1キロほど歩いてようやくゴールの「グランシップ」へ。
「グランシップ」前の特設テントで「ゴール」の受付をしたところで、ウォーキング終了。
久しぶりの10キロウォークはだいぶ体に堪えましたが、思いのほか心地よい汗をかくことが出来ました。
かくして、いよいよこの日の本命イベント「グランシップトレインフェスタ2016」に乗り込むことになったわけです。

bl160523-2

今回で17回目となった「グランシップトレインフェスタ」。
例年「静岡ホビーショー」と同時開催され、地元をはじめ各地から鉄道好き、模型好きの人たちが「ホビーのまち・静岡」に集まります。
最寄りのJR東静岡駅からは「静岡ホビーショー」の会場・ツインメッセ静岡と「タミヤオープンハウス」(タミヤ本社)巡回する臨時循環バスも運行。
3つの会場をはしごする人も多く見られます。
「トレインフェスタ」は入場無料、子供向けの催しも多いことから家族連れで楽しめるイベントで、毎年およそ2万人から3万人の人出を記録しています。

bl160523-3

「トレインフェスタ」のメインは鉄道模型なのですが、私自身は「駅弁」が主目的。
先日の記事でもご紹介したように「トレインフェスタ」は静岡県内のJRで営業する駅弁屋さん・5社が一堂に会する年1度の機会でもあります。
静岡の駅弁屋さんは「東海道」という地の利もあって、5社が販売エリアを棲み分け、地元に密着した営業を行っているのが特徴。
東京駅などにあるような各地の駅弁を取りそろえた店で、商品を見かけることはほとんどありません。
なのに静岡1県で「5社」も駅弁屋さんが頑張っていて、加えて私鉄各社にも駅弁があるのは、全国的にも奇跡的なこと。
その意味でも静岡は「駅弁のあるべき姿」を伝統の味と共に守っている、真の「駅弁王国」とも言える地域なのです。

bl160523-4

とはいうものの「模型」も観ておきたいもの。
2階の客席に登ってメイン会場を見下ろすと、その景色は圧巻です。
ピークには、全館でおよそ「5,000両」も鉄道模型が走行。
静岡県内はもちろん、全国から「鉄道模型サークル」の人たちが、思い思いの模型を走らせます。
自分で模型やジオラマを作ったりする手先が器用な方には、ホントにたまらないでしょうね。

bl160523-5

11階のフロアでは、横浜の「原鉄道模型博物館」が出張展示。
やはり見たくなるのは「或る列車」ですよね。
或る列車」とは明治39(1906)年に当時の「九州鉄道」がアメリカのブリル社に豪華客車を発注しましたが、国有化のため活躍する機会がなかった幻の客車のこと。
特に名称も無かったのですが悲運の客車が「伝説」となっていく間に、通称が「或る列車」となっていきました。
この客車の模型を、世界的な鉄道模型の神様といわれた故・原信太郎氏が作成。(画像)
さらにこの模型を元に誕生したのが、去年、JR九州でデビューした豪華スイーツ列車「或る列車」です。
JR九州のデザイン顧問を務める水戸岡鋭治氏がデザイン・設計し、「原鉄道模型博物館」副館長を務める原健人氏が監修を務めています。
実際に九州で走っている「或る列車」は私も一度体験しましたが、大変素晴らしいもてなしでしたので、また機会を改めてご紹介したいと思います。

bl160523-6

そして3階では静岡県内の鉄道各社がブースを開設して、オリジナルグッズなどを販売。
「伊豆急行」「伊豆箱根鉄道」「岳南電車」「静岡鉄道」「大井川鐵道」「遠州鉄道」「天竜浜名湖鉄道」の静岡県内の私鉄7社が参加。
これに「JR東海」「JR貨物」が加わって、それぞれのカラーを感じさせるブースとなっていました。
他に会場では、アマチュア写真家の皆さんによる鉄道写真展なども開催。
グランシップの会場では「模型鉄」「撮り鉄」、そして「食べ鉄」まで楽しめてしまうという訳です。
「食べ鉄」のシンボル、静岡県内の駅弁屋さんによるブースは、例年同じ3階のフロアに展開。
10時の開場と共に多くのお客さんがやってきて、例年、昼前後には各社とも完売してしまいます。
今回、ウォーキング体験をして訪れた初日は到着が遅く、ほぼ全店で完売・・・。
このため2日目の開場に合わせて改めて訪問、各駅弁屋さんにお邪魔してきました。

bl160523-7

今日、ご紹介するのは静岡県西部を代表する駅「浜松駅」を拠点に「掛川駅」でも駅弁を手掛ける「自笑亭」。
自笑亭」とは数ある駅弁屋さんの中でもかなりユニークな屋号ですが、その誕生はなんと江戸時代!
安政元(1854)年、最後の浜松城主・井上河内守正直から「自笑亭」の屋号をいただいたという160年以上の歴史ある駅弁屋さんなのです。
もちろん「駅弁」に進出したのは明治に入ってからで、明治21(1888)年に東海道線が西から伸びてきて浜松まで開通した年のこと。
さらにその翌年「国府津~浜松間」が開通(御殿場回り)、西の滋賀県内でもレールがつながって、東海道線は「全通」となった訳です。

bl160523-8

そんな「自笑亭」の目下イチオシ駅弁といえば「三ヶ日牛&遠州しらす弁当」(1030円)。
浜松と聞いて「うなぎの駅弁は?」と思った人も多いと思いますが、もちろん現在でもうなぎ駅弁は販売されています。
ただ、昨今の「うなぎ」を取り巻く環境の変化により、1個「2000円台半ば」という高額駅弁になってしまいました。
そこで最近の浜松駅弁は、ご当地ブランド牛の「三ヶ日牛」と遠州灘の「しらす」が二枚看板となっています。
ちなみに「三ヶ日牛」は、みかんの名産地・浜松市の三ヶ日で飼われていた農耕用和牛をルーツに生産が始まった肉牛のこと。
現在では浜松のご当地ブランドとなっています。

bl160523-9

「三ヶ日牛」と「しらす」がハーフ&ハーフの構成。
面白いのは、何と言っても「三ヶ日牛」が敷かれた下の「黄色いご飯」!
もちろんこのご飯、サフランライスではなく・・・みかんピューレを使って炊き込まれた「みかんご飯」なのです。
ほんのり甘酸っぱく牛肉の味を引き立てる存在となっており、しらすの塩っ気とちょうどいいバランス。
自笑亭」には「三ヶ日牛」「しらす」それぞれ単独の駅弁もありますので、気に入ったほうをガッツリいただくことも出来ます。

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!
「ライター望月の駅弁膝栗毛」
(取材・文:望月崇史)

【ごあいさつ】
はじめまして、放送作家の望月崇史(もちづき・たかふみ)と申します。
ニッポン放送には、昔の有楽町の社屋の頃から、かれこれ20年お世話になっています。
最近では、月~木・深夜24時からの「ミュ~コミ+プラス」で放送された、
ルートハンター」のコーナーに、5年ほど出演させていただきました。

そんな私がライフワークとしているのが「駅弁」の食べ歩き。
1年間に食べる「駅弁」の数は多い年でのべ500個。
通算でも4500個を超えているものと思います。
きっかけとなったのも、実はニッポン放送の番組。
2002年~05年に放送された「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の
番組ウェブサイトで「ライター望月の駅弁膝栗毛」を連載することになり、
本格的に「全国の駅弁をひたすら食べまくる生活」に入りました。
以来、私自身のサイトや、近年は「ライター望月の駅弁いい気分」というブログで
「1日1駅弁」を基本に「駅弁」の紹介を続けています。
”駅弁生活15年目”、縁あってニッポン放送のサイトで連載させていただくことになりました。
3つの原則で「駅弁」の紹介をしていきたいと思います。

①1日1駅弁
②駅弁は現地購入
③駅弁のある「旅」も紹介

「1日1駅弁」ですので、日によって情報の濃淡はありますが、
出来るだけ旬の駅弁と鉄道旅の魅力をアップしていきますので、
ゆるりとお付き合い下さい。

【プロフィール】

望月崇史(もちづき・たかふみ)望月

1975年12月8日静岡県生まれ。
早稲田大学在学中から、ニッポン放送で放送作家に。
卒業後の2002年「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の番組サイトで始めた
ライター望月の駅弁膝栗毛」をきっかけに、全国の駅弁食べ歩きをスタート。
以来およそ15年、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。
1日1駅弁のウェブ紹介を日課とし、これまでに食べた駅弁は4500個以上。
ニッポン放送「ミュ~コミ・プラス」ルートハンター、鉄道特番などにも出演。
丸の内朝大学・温泉クラスの講師も務める。