ショウアップナイター50周年!栗村智アナが選ぶ実況ベスト3!

今年は「50thアニバーサリー・ニッポン放送ショウアップナイター」。
ナイター中継・レギュラー放送50周年、 長年の御愛聴に感謝しながらお届けしています。
先日、松岡ディレクター(ショウアップナイターファンクラブ祐ちゃん日記担当)に、 「これまで実況を担当したゲームの中で、思い出に残っているゲームを 3つほど選んで下さい」との要請で、私、栗村が1977(昭和52)年に入社してから 中継を担当した印象深いゲームを、思い出していくうちに、 様々なシーンが走馬灯のように頭の中を駆け巡り、興奮状態に・・・。

結果、選んだのは・・・

(1)1991年10月24日:広島市民球場最後の日本シリーズ第5戦「広島×西武」
(2)1994年5月18日:福岡ドーム「巨人×広島」巨人・槙原完全試合
(3)2004年7月11日:長野オリンピックスタジアム・オールスターゲーム第2戦 「全セ×全パ」新庄剛志のホームスティール

この3つを選ばせてもらいました。
放送の出来不出来は置いといて、実況アナウンサーとして 素晴らしい場面立ち会えた幸運に感謝したできごとでしたからね。

幼い頃から、ラジオの実況アナウンサーにあこがれて、 高校生になった頃は、噺家にあこがれて、あこがれて・・・。
小学5年生の頃、親父のお古のトランジスターラジオをもらってから、イヤホンから流れる野球中継、落語の中継ばかり聞いていました。

ニッポン放送「ショウアップナイター」50周年ですが、 私が小学5年(1964(昭和39)年)の時、郷里・広島で、 当時のラジオ中国(RCC中国放送)で大好きな広島カープの中継を聞いていましたから、 広島の「RCC中国放送」のナイター中継は、もっと歴史があるということですね。
金山次郎さんや長谷川良平さんの解説が、今でも耳に残っていますからねえ。
間違いなく昭和38年は、毎晩ナイター中継、聴いてましたもの・・・。
亡くなった親父の生前の話では、広島カープが生まれた1950(昭和25)年から、 「RCCで放送しょうたでえ」ということですよ。

話は変わりますが、柳家喬太郎師匠が高座で云ってましたが、 ウルトラマンも50周年ですってよ。
その前のウルトラQもそうなんですね。
う~む、昭和は遠くなりにけりですね。

(栗村智「あさのひとりごと」/2016年5月12日更新分より)

p_kurimura