コイントスに使うコイン。何のコインを使っているの? 【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

『何かを選ぶ時の決め方』~『コイントス』

『コイントス』とは“硬貨(コイン)などを上に投げて、落ちた時の裏表で物事を決めること“です。

サッカーやアメリカンフットボールといった競技の試合で、先攻と後攻を決める方法として利用されています。

pl-201320171695

例えばAとBの2つのチームが対戦する場合、審判の方がそれぞれのチームのキャプテンに“コインの表が出たらAチーム、裏が出たらBチーム“と伝えます。

このように審判の方が『表・裏』を決めてしまうケースもあれば、主催チーム(ホームチーム)のキャプテンに、表と裏のどちらかを選ばせることもあるそうです。

他にも『表・裏』ではなく『コインの色とユニフォームの色』で決めることもあるそうです。

どういうことかと言いますと、コインの片面の色が『ブルー』だったとします。

そして試合をする片方のチームのユニフォームの色が、コインと同じ『ブルー』だった場合、そのチームを『ブルー』と最初に決めてしまいます。

 

こうしてコインの『表』と『裏』、あるいは『色』でチーム分けが決まったところで、審判の方がコインを空中に投げます。

そして落ちて来たコインを、手のひらや手の甲で受け止めるか、または地面に落として、上になっている面を確認します。

その時、コインの面が『表』だったら、Aチームが・・『裏』だったらBチームの勝ちになります。(どちらのサイドを選ぶかなど、選択権を得ることが出来ます)

色で判断する場合、『ブルー』が上なら、青のユニフォームのチームの勝ちということです。

 

そんな“コイントスで使われるコイン”ですが、『表』と『裏』が明らかに区別できるものであれば、特に決まりはないそうです。

そうは言いましても、その競技や試合に合わせた専用のコインを使うように、指定されることもあるそうです。

他にも『スポーツメーカーが製造・販売しているコイン』だったり、外国人の審判の方の場合、自分の国のコインを使うこともあるそうです。

(2016/5/19放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい
ニッポン放送ほか全国ネット
ニッポン放送 毎週月曜~金曜 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。