急行「トレインフェスタ」号で行く日本最大級の鉄道イベント!~伊東駅「おにぎり弁当」(680円) 【ライター望月の駅弁膝栗毛】

bl160519-1

3月26日のダイヤ改正を前に「はまなす」の廃止をもって、定期列車が無くなったJRの「急行」。
この「急行」が5月14・15日の2日間、静岡県内で「復活」しました。
急行「トレインフェスタ」号と名付けられたこの列車は、両日に静岡市内で開催された「グランシップトレインフェスタ2016」に合わせた臨時列車。
トレインフェスタ1号~4号」まで、熱海~静岡間、東静岡~浜松間でそれぞれ1往復ずつ運行されました。
さあ、5月14日朝8時半過ぎ、この「トレインフェスタ」号に充当されるJR東海373系電車が3両編成で東海道本線・熱海駅の3番線に入ってきました。

bl160519-2

ヘッドマークも特別に「トレインフェスタ号」オリジナルのものが用意されました。
列車名の由来になった「グランシップトレインフェスタ」は、毎年静岡市内の「グランシップ」で開催されている日本最大級の鉄道イベントで、今年で17回目。
「静岡ホビーショー」と同時開催されており”ホビーのまち・静岡”を代表するイベントとして、例年多くの人を集めています。
年を追うごとに盛り上がりも大きくなり、今年はついに全車指定席の「臨時列車」の運行が実現!
私も1か月前の発売日に「トレインフェスタ」号の指定急行券を購入、久しぶりの「急行」列車に乗車してみました。

bl160519-3

今回乗車したのは、5/14(土)に運行された急行「トレインフェスタ1号」。
始発・熱海駅の電光掲示にも「急行トレインフェスタ」の文字が表示されました。
1号は熱海8:37発で途中、三島、沼津、吉原、富士、東静岡に停車し終点・静岡に9:46の到着。
停車駅は東海道線との接続路線がある駅と、会場の最寄り駅・東静岡。
ダイヤは2007年まで運行されていた特急「東海1号」のスジに近く、停車駅は前身の急行「東海」を彷彿とさせるのもファン心をくすぐります。

bl160519-4

現在は特急「ふじかわ」「伊那路」を中心に活躍する373系電車のシートに腰掛け、列車が走り出すと程なく丹那トンネルへ・・・。
373系電車は本来、特急用車両ですので、昔の急行のようなボックスシートとは違って、リクライニングも効いて快適そのものです。
合わせて購入したのが、週末の静岡エリアを”乗り鉄”する時に使える「休日乗り放題きっぷ」。
東海道本線(熱海~豊橋間)、御殿場線(国府津~沼津間)、身延線(富士~甲府間)が2,670円で1日乗り放題になるきっぷです。
熱海~静岡間の往復(2,640円)+αで元が取れ、東京方面からは熱海駅・新幹線乗換改札脇のきっぷうりばで購入可能です。

bl160519-5

373系電車には、車端部に4人掛けボックスシートの「セミコンパートメント」席があります。
今回の「トレインフェスタ」号では、一部のコンパートメント席は発券されず、記念撮影スポットになっていました。
列車の乗務を担当する浜松運輸区の皆さんによる手作りのボートのようです。
合わせて「トレインフェスタ」に出展している静岡県内の私鉄各社の沿線案内などもあり、接続駅では各社線の紹介放送も行われました。
「トレインフェスタ」が各社の垣根を超えて”静岡の鉄道まつり”となっている様子が伺えます。

bl160519-6

「トレインフェスタ」号は身延線と接続する富士を9:10に出ると、東静岡までノンストップ。
「富士川(ふじかわ)」の橋梁を渡って、静岡県の中部地方に入っていきます。(読みはふじ「か」わと濁らないのが基本)
富士川は電気の境になっていて、ココから東が50ヘルツ、西が60ヘルツで電力会社も変わります。
現在は、静岡県富士市と富士宮市が富士川の両岸に跨っており、同じ市内でも違う電気が混在しています。
なお、鉄道写真でよく使われる東海道新幹線の富士川橋梁は、さらに下流を渡っています。

bl160519-7

富士で概ね席が埋まったところで、乗車記念のポストカードが配られました。
JR東海をはじめ遠州鉄道、天竜浜名湖鉄道、大井川鐵道、静岡鉄道、岳南電車、伊豆箱根鉄道、伊豆急行のうち5社分のポストカードが1セットに・・・。
せっかくの臨時列車、乗車記念のグッズがもらえるのは有難いですよね。
合わせて「トレインフェスタ」のJR東海ブースへ足を運ぶと、別のポストカードもゲットできる「引換券」兼アンケートも。
この日は「トレインフェスタ」に合わせて開催された「さわやかウォーキング」の案内チラシも配布されました。

bl160519-8

由比~興津間は、静岡の東海道本線では貴重な駿河湾が見える区間。
国道1号を走るクルマと並走する区間でもあります。
この日は霞んでいましたが、対岸の伊豆半島もうっすら見えました。
今は静岡市の一部となっている由比は、駿河湾の名産「サクラエビ」が水揚げされる港町。
やっぱり、こういった区間を走ると「駅弁」が恋しくなってくる頃ですよね。

bl160519-9

「トレインフェスタ」は、年1度の静岡県内の駅弁屋さんが集結する機会でもあります。
実は静岡、知る人ぞ知る「駅弁王国」!
JRに入っている駅弁屋さんだけで伊東駅「祇園」、沼津駅「桃中軒」、新富士駅「富陽軒」、静岡駅「東海軒」、浜松駅「自笑亭」の5社もあります。
このほか私鉄各駅で売られている駅弁もあり、1つの県でこれだけ「駅弁」が暮らしに定着している県は47都道府県随一と思われます。
今回は「トレインフェスタ」に出展した5社を、1日1社ずつ紹介。
トップバッターは、先ほどの車窓に見えた伊豆半島からの出展、「4/23」の記事でもアップした伊東駅弁「祇園」です。

bl160519-10

祇園」は「トレインフェスタ」に、名物の「いなり寿し」と「おにぎり弁当」を出品。
加えて伊東を代表するお茶「ぐり茶」のペットボトルと、昔懐かしい土瓶のお茶も販売していました。
「いなり寿し」はその製造過程を含めて紹介しましたので、今回は「おにぎり弁当」をいただきました。
包装はいわゆるランチボックスのような造りになっていて、紙容器のミシン目を持ち上げると持ち手が現れ、開封口もあります。
ロゴはおむすび弁当ですが、名称は「おにぎり弁当」が正式のようで、ウェブ等の紹介も「おにぎり弁当」となっています。

bl160519-11

おにぎりは「しゃけ」「わかめ」「梅干し」の3種類、特に「梅干し」の白いご飯の塩加減が絶妙です。
これに鶏の唐揚げ、卵焼き、タタキゴボウなどのシンプルなおかずが加わります。
味わっていただきたいのが、もう1つの祇園の名物となっている「鶏のから揚げ」。
やや大きめの鶏肉にガブリと喰らいついた時、ジュワッと口の中に広がる肉汁が駅弁トップクラスの秀逸さ。
安価にこの”ジュワッ”が体感できるのは、何とも言えない「幸せ」です!

bl160519-12

「トレインフェスタ」本編に先駆けて、伊東駅の駅弁を紹介しましたが、急行「トレインフェスタ」号は、定刻通り9:38に東静岡駅に到着。
東静岡は「トレインフェスタ」の会場でもある「グランシップ」のオープンに先駆けて1998年に開業した駅で、東海道本線の中では新しい駅の1つです。
静岡駅から1駅ということもあり、これまで定期、臨時を含めて特急、急行が停車したことは無く、今回が初めてのコト。
共に設定された浜松始発の急行「トレインフェスタ2号」は東静岡行として運行、東静岡が「終着」となった列車も初めてなんだそうです。
JR東海静岡支社によりますと、2日間にわたって運行された急行「トレインフェスタ」号、およそ1000人の方が利用したということです。

bl160519-13

東静岡駅に初めて停車した急行列車「トレインフェスタ1号」は、少し長めに4分ほど停車。
乗っていた”鉄分濃いめ”の皆さんも一旦ホームに降りて、その”歴史的瞬間”をカメラに収めます。
ココで下りて「トレインフェスタ」へ向かうことも出来ましたが、今回は終点・静岡まで乗車。
「トレインフェスタ」に合わせた”サプライズ”イベントも開催されることが分かり、急きょ参加することに致しました。
その模様は、また次回・・・。

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!
「ライター望月の駅弁膝栗毛」
(取材・文:望月崇史)

【ごあいさつ】
はじめまして、放送作家の望月崇史(もちづき・たかふみ)と申します。
ニッポン放送には、昔の有楽町の社屋の頃から、かれこれ20年お世話になっています。
最近では、月~木・深夜24時からの「ミュ~コミ+プラス」で放送された、
ルートハンター」のコーナーに、5年ほど出演させていただきました。

そんな私がライフワークとしているのが「駅弁」の食べ歩き。
1年間に食べる「駅弁」の数は多い年でのべ500個。
通算でも4500個を超えているものと思います。
きっかけとなったのも、実はニッポン放送の番組。
2002年~05年に放送された「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の
番組ウェブサイトで「ライター望月の駅弁膝栗毛」を連載することになり、
本格的に「全国の駅弁をひたすら食べまくる生活」に入りました。
以来、私自身のサイトや、近年は「ライター望月の駅弁いい気分」というブログで
「1日1駅弁」を基本に「駅弁」の紹介を続けています。
”駅弁生活15年目”、縁あってニッポン放送のサイトで連載させていただくことになりました。
3つの原則で「駅弁」の紹介をしていきたいと思います。

①1日1駅弁
②駅弁は現地購入
③駅弁のある「旅」も紹介

「1日1駅弁」ですので、日によって情報の濃淡はありますが、
出来るだけ旬の駅弁と鉄道旅の魅力をアップしていきますので、
ゆるりとお付き合い下さい。

【プロフィール】

望月崇史(もちづき・たかふみ)望月

1975年12月8日静岡県生まれ。
早稲田大学在学中から、ニッポン放送で放送作家に。
卒業後の2002年「井筒和幸の土曜ニュースアドベンチャー」の番組サイトで始めた
ライター望月の駅弁膝栗毛」をきっかけに、全国の駅弁食べ歩きをスタート。
以来およそ15年、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。
1日1駅弁のウェブ紹介を日課とし、これまでに食べた駅弁は4500個以上。
ニッポン放送「ミュ~コミ・プラス」ルートハンター、鉄道特番などにも出演。
丸の内朝大学・温泉クラスの講師も務める。