伊勢・志摩は食材の宝庫!美味しいお料理が竹芝で味わえます

先日、竹芝にあるホテル インターコンチネンタル 東京ベイで、今回第5弾となる「日本味わおう」の「伊勢・志摩」を取材してきました。

この「日本を味わおう」は、ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのレストラン「シェフズライブキッチン」の佃勇料理長と、グルメジャーナリスト東龍さんとのコラボレーション企画。

今回は、サミットも開催される、伊勢、志摩、鳥羽をはじめとする三重全体の食材!
ここは、古来から「うまし国」と呼ばれるほどの、食材の宝庫。
そこに、佃料理長が実際に足を運んで厳選。
このホテルでしか味わえない最高のお料理をいただくことができます。
旬の初カツオと志摩半島でとれためかぶを使ったサラダに、伊勢味噌で付け込んだステッペンチーズ、三重県産鯵のエスカベッシュ、郷土料理の手こね寿司、伊勢うどんなどなど…。
そして私が感動したのが、三重県産星鮫のポテト焼き オリーブオイルと軽いクリームソース。
鮫なんて今まで食べたことがなかったのですが、この星鮫は、臭みもなく、白身魚のような感じで、とても美味しいのです!!!
_1
_2
_3
_4
デザートも、三重県産の白胡麻のチーズタルトや、
伊勢茶ゼリーと豆乳のブランマンジェをはじめ
とにかく美味しいものが揃っていて、止まらない…!
_5
_6
是非、伊勢志摩の美味しさを堪能してください。
7月14日(木)の開催中です!詳しくは、ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのホームページもご覧ください。

(新保友映アナウンサー「友映の日記」/5月15日更新「美し(うまし)の国のお料理を…」より)

TAGS: