ひたすら山道をロードバイクで登るという「ヒルクライム」とは?【本仮屋ユイカ 笑顔のココロエ】

毎日を楽しく過ごすための秘訣やヒントをお伝えしていく笑顔のココロエ、注目ワードや雑学を紹介するココロエ版、「は・ひ・ふ・へ・ほ」です。

今日は、かなりきつそうな自転車レースの話題。

名称未設定-1

それは、「ヒルクライム」。英語でHillは丘、Climbは登る、を意味するようにヒルクライムとは主にロードバイクで坂道を登る競技のことで年々大会が各地で増えています。

開催地は山や峠、コースはそのほとんどが上り坂のため、一般道路を走るレースのようなスピード感が出ないのが特徴。ひたすた、重いペダルを漕いで前進あるのみです。でもだからこそ、長く続いた坂を登りきり、ゴールした時の達成感が爽快なんだとか。

またコースによって、距離や坂の角度が様々なため、自分の実力にあったコースが選べられるだけでなく、参加ごとに難易度を上げ、つらい坂を制覇していく。そんな楽しみもあるようです。

<本仮屋さんの感想>

まず、今日の感想「は・ひ・ふ・へ・ほ」で言うと、「ひゃあ~!」です。

やりますか? 私は今までリタイアしたこともありますが、マラソン大会に2回出たことがあります。
一つは参加者が97%くらいの確率で完走されると言われている名古屋ウィメンズマラソン、これは平たんな道が続くのと、大きい道路を走れるというのが人気のコースなのですが、私はその平たんコースより、完走率がかなり低いと言われている那覇マラソンのほうが好きだったんです。

アップダウンがあるほうが燃えるんですよね。
でもダウンがあるからアップもがんばれるわけで、これはアップがほとんどですもんね。
いや~すごいな、しかも自転車ですよ、いやあ、走ったほうがいい。
私学生時代も自転車乗っていた時、坂道に来るといつも自転車を捨ててしまおうかって思うくらい坂道でつらい気持ちになっていました(笑)。

だからそれを好んでこのヒルクライムに挑戦する強者たち、ちょっとお会いしてみたいなって思いました。

この自転車レースなんですけれども、今、ご紹介したのはヒルクライム、登り坂を頑張るやつ。他にもダウンヒルというのがあって、これはマウンテンバイクで急斜面を猛スピードで降るんですって。

あ~、これもすごい! でもやるのなら、絶対、ダウンヒル!
これはいけるんじゃないかなあ。ヒルクライム、「実はやっているよ」という方がいたらその楽しさとかつらさとか、せひ、教えてください。

『太田胃散プレゼンツ 本仮屋ユイカ 笑顔のココロエ』
毎週月曜~金曜 ニッポン放送15:36~ ABCラジオ14:54~