しゃベルシネマ

リリーフランキー・亀梨和也・橋本愛・中嶋朋子は実はみんな宇宙人【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第213回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、5月26日から公開された『美しい星』を掘り起こします。

三島由紀夫×吉田大八、新感覚<覚醒>エンターテインメント!

美しい星

巨星・三島由紀夫がSF小説「美しい星」を連載したのは、1962年。
当時は純文学でSF…というのは、かなり斬新だったのではないでしょうか。

そんな異色のSF小説を鬼才・吉田大八監督が悲願の映画化。
予測不可能な展開をみせる、三島×吉田ワールド。
現代を生きる人々を如何に活写しているか、一見の価値アリです。

美しい星

埼玉県の旧家・大杉家は4人家族。
当たらないテレビ気象予報士の父・重一郎、野心溢れるフリーターの息子・一雄、美人すぎて周囲から浮いている女子大生の娘・暁子、心の空虚さを持て余す主婦の母・伊余子と、一見どこにでいる家族だった。

ところがある日、空飛ぶ円盤を目撃したことにより、自分たちが宇宙人であることを確信する。
それぞれ火星人、水星人、金星人、地球人として覚醒した彼らは、“美しい星・地球”を救うべく生き生きと奮闘を重ねるが、やがて世間を巻き込む騒動を引き起こすことに。

やがて彼らの前に、ひとりの男が現れる。
大杉一家に「地球に救う価値があるのか」と、問いかける男。

果たして、彼らは何故、目覚めたのだろうか…。
いや、そもそも彼らは、本当に覚醒したのだろうか…。

美しい星

物語の中核を担う大杉一家は、実に豪華な顔ぶれ。
父・重一郎役をリリー・フランキー、息子・一雄役を亀梨和也、娘・暁子役を橋本愛、母・伊余子役を中嶋朋子と、なんとも風変わりな、それでいて妙な味わいのある家族を形成しています。
さらに大杉家に近づく謎の代議士秘書・黒木役の佐々木蔵之介をはじめ、脇役まで適材適所のハマりっぷり。
生真面目に“宇宙人”になりきる俳優陣の演技に、沸々と笑いがこみ上げてきますよ。

美しい星

原作小説が持つ根幹のテーマ性をきちんと残しながらも原作とは違った趣を持つ、「映画」ならではの表現を追求し続けている吉田大八監督。
今作では半世紀以上も前の原作に真っ向から取り組み、日本文学界に燦然と輝く三島由紀夫の名にひるむことなく自由闊達に脚色することで、現代人にも通じるエネルギッシュな作品となりました。

リリー・フランキーが見せるシュールなポーズにニヤリとしながら「自分がこの星(地球)に生まれてきた使命」について考えさせられるかも。

いや、ちょっと待って。
ひょっとしたら、あなた、地球人じゃないかもしれませんよ?!

美しい星
美しい星
2017年5月26日からTOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー
監督:吉田大八
原作:三島由紀夫「美しい星」(新潮文庫刊)
出演:リリー・フランキー、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介、羽場裕一、春田純一、友利恵、若葉竜也 ほか
©2017「美しい星」製作委員会
公式サイト gaga.ne.jp/hoshi/

八雲ふみね,しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.