アメリカの『あるもの』専用トースター【本仮屋ユイカ 笑顔のココロエ】

毎日を楽しく過ごすための秘訣やヒントをお伝えしていく笑顔のココロエ、今日は便利グッズ面白アイテムをチェックしていきます。

アメリカではホットドッグが道路とか、公演、野球場などあらゆる場所で売られていて、生活に欠かせない食事と言われています。
そんなホットドッグ大国ならではのアイテムが「ポップアップ・ホットドッグ・トースター」です。

71RaO5ivUqL._SL1500_
(amazonより

パンを入れて焼きあがると、ポンッと上に飛び出す、あのタイプで何とこのトースターはパンだけでなく、ソーセージも焼くことができるのです。
トースターに空いている穴はパン用が二つとソーセージ用が二つ。二本のホットドッグが作れ、もちろんパンも半分に開いて焼くことができるとのこと。

そんな簡単トースターはどうやら、ホットドッグだけではなく、バンズサンドが一機に作れるアイテムもあるようです。
重なった丸いホットプレートごとにバンズ、割った卵、ハム、バンズと順番に置いて焼き、最後にホットプレートを外すと、マフィンサンドが完成。簡単すぎて驚きです。

 <本仮屋ユイカさんの感想>

スゴイですねえ、これ、ソーセージまで入れてしまうという。
ソーセージが縦に入っている。いっぺんに出来上がるっていうのはいいですね。

私がホットドッグにはまったのは小学校6年くらいから中学校1年くらいまで。
毎日食べていたのですけれど、私はキャベツも、ケチャップも温かい派です。
全部あっためたい。キャンプに行った時に、作ったんですが、その時にも全部が暖かいのを再現したくて全部セットしてからチンするようにしていました。

あと、我が家では、中学2年くらいから高校生くらいにかけて、ホットサンドが家の中で大流行して、毎週土日はそれを食べていました。
チーズ挟んだり、ハム挟んだりして。飽きてやめてしまいましたが(笑)。

何でしょうね、あのパンを温めて食べる楽しさ。簡単だけれど作るという手間をかけた感じ、ワクワクするのですよね。

『太田胃散プレゼンツ 本仮屋ユイカ 笑顔のココロエ』
毎週月曜~金曜 ニッポン放送15:36~ ABCラジオ14:54~