宇崎竜童・ブリトラ・ランパンプス・奥澤村・Flow Backのノージャンルライブを金曜ブラボー。でオンエア【ラジオパーク情報】

ラジオパーク2017ブリトラ

ラジオパークin日比谷2017」の”芝生エリアメインステージ”にて「金曜ブラボー。」の公開放送が4/30(日)15時30分から行われました。進行を務めたのはパーソナリティの望月理恵と、ニッポン放送の上柳昌彦アナウンサー。

ゲストには、ブリーフ&トランクス、5人組ダンス&ボーカルグループ「Flow Back」、『オールナイトニッポン0(ZERO)』からお笑いコンビ「ランパンプス」、アイドルユニット「奥澤村(おくざわむら)」、そして宇崎竜童と5組もの豪華アーティストを迎え、生ライブが行われました。

ラジオパーク2017ブリトラ2

スタートを飾ったのは、「金曜ブラボー。」の準レギュラー「ブリーフ&トランクス」。
上柳の「声が大きい方々ですよ~」という紹介通り、大ボリュームの声量でライブが開始。5月17日に発売するアルバム「手のひらを満月に」から『逆に』や、18年前に出した名曲『青のり』を披露すると会場ではたくさんの方が両手を高く上げ、ノリのいいリズムに手拍子をしていました。

ラジオパーク2017flowback

2番目に登場したのは、「Flow Back」。『HeartBreaker』、『ComeALongWay』、『BOOYAH!』の3曲を披露すると、その圧倒的なダンスパフォーマンスに会場の目をくぎ付けにしていました。

ラジオパーク2017ランパンプス

3番目に登場したのは、この春から月曜日のオールナイトニッポン0(ZERO)を担当し、人気急上昇中のお笑いコンビ「ランパンプス」の寺内ゆうきと小林良行。登場すると「僕らはお門違い。休憩時間だと思ってください」、「僕たち売れていないんですー」と、自虐的な自己紹介に会場から笑い声が。頻繁に会場に声を掛け、来場者に絡みながら漫才を披露しました。

漫才後、上柳アナウンサーから「ランパンプスのラジオ番組を聞いていると、”メッコリーサ”って言葉が頭から離れなくて」と話を振られると、小林が”アイドル芸人”としても活躍していて、その代表曲が『メッコリーサ』だと説明。
「どんな曲なんですか?」と聞かれると、小林がサビの部分だけ振り付けも入れて歌い、少し照れくさそうにしていました。

ラジオパーク2017奥澤村

4番目には「奥澤村(おくざわむら)」から、奥澤レイナ、中村優、愛来(あいら)の3人が登場すると、会場の前方には応援する男性がズラリ。3人お揃いの”青色のつなぎ”姿で現れ、『さま~ばけーしょん』、『黄金魂』、『HAPPY★LOOPER』の3曲を披露。全力パフォーマンスに会場は盛り上がり、最後の曲では多くの来場者がタオルやスカーフを頭上で振り回し、声援を送っていました。

0fe1e5e2e9e871908753d334a3a066d01aa9174dbig

イベントの最後を締めくくったのは、『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』や『スモーキン・ブギ』など数々のヒット曲を生み出した「宇崎竜童」。前ステージで登場した奥澤村が14歳から18歳の年齢に対して、宇崎は71歳。「ずいぶんと年齢差があって申し訳ない(笑)ついさっきまで30分も弾き語りライブしてたから、余力がないんだよね」と、自分の年齢を取り上げ冗談まじりに話していました。

『oira japanese bandman』、『お前の為のblues singer』、『R&R MEDLEY』をギターで弾き語りし、途中、会場に向かって「手拍子のリズムが悪いなー!(笑)」とダメ出しする場面もありましたが、それでも会場では手拍子やコールは途絶えません。
最後は「ムッシュかまやつさんの”フリフリ”を皆さんのコーラスでお願いします!!」と来場者を巻き込んで『フリフリ/THE BOHEMIANS avec ムッシュかまやつ』を歌い、エンディングを締めくくりました。

ラジオパーク2017フィナーレ

その後、グラビアアイドルの森下悠里、岸明日香、ニッポン放送のアナウンサーも登壇した「ラジオパーク・フィナーレ」にも、「金曜ブラボー。」のパーソナリティ望月理恵が出演。番組でもお馴染みの”もっちーの生歌”の無茶ぶりをお願いされましたが、「やめてくださいよー(笑)」と生歌は次の放送までお預けになりました。

ライブの模様は、5/5(金)15:00~「金曜ブラボー。」でご紹介します。お楽しみに。

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.