鈴木杏樹のいってらっしゃい

飲み物の温・冷を選べるのは日本の自動販売機だけ【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

タグ

今週は『自動販売機』についてお話しています。
日本の自動販売機には、世界に誇れる工夫がされています。
今朝はそのお話です。

1e01d6f560495674bb034449d8580efb_s(w680)

飲み物の自動販売機の中には、温かい飲み物と冷たい飲み物が選べるモノがありますよネ。
これは日本の自動販売機だけだそうです。

特に温かい飲み物の自動販売機があるのは、温かいお茶やコーヒーが好きな日本人向けに工夫されているそうです。
自販機で売られている、コールド用の缶の飲み物の温度ですが、通常ですと5℃前後に設定されています。
それに対して、ホット用は55℃前後に設定されています。

温かい飲み物と冷たい飲み物を、同時に販売している自動販売機には出来るだけ少ない電力で、温めたり冷やしたり出来る『ヒートポンプ』と呼ばれる機能が使われています。
自販機の中で飲み物を冷やした時に出る熱を、外に出さずにホットの商品を温めるのに再利用できる機能です。
これによって省エネが実現されていますが、この『ヒートポンプ』のさらに上を行く『ハイブリッドヒートポンプ』という機能もあります。

これは飲み物を冷やす時に出る熱だけなく、外の空気の熱も利用して加熱するものです。
自販機から出る熱と、外気の熱の2つを利用することで、従来の『ヒートポンプ式』の自販機よりも、さらに消費電力をおよそ3割も減らすことが可能だそうです。

さらに冷蔵庫のように自販機内全体を冷やすのではなく、すぐに売れる商品だけを部分的に冷やすことで、消費電力を減らしています。
どの位の量を冷やしたり温めたりするのかは、内蔵されたマイコンが売れゆきなどから判断します。これを『学習省エネ機能』といいます。

(2017/5/4放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
ニッポン放送 (月)~(金) 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.