スポーツ人間模様

杉村コーチ曰く「あとはONになれるか、というところまできたと思う」 ヤクルト・山田哲人内野手(23歳) スポーツ人間模様

10000000000000029678_20160511103121052345_P1605090002951

今日は去年トリプルスリーを達成して、一気に全国区の有名選手になりましたヤクルトスワローズの山田哲人内野手のお話です。
まだ23歳、あの杉村チーフ打撃コーチとマン・ツー・マンのたいへん過酷なティーバッティングを乗り越えて、とうとう花開きました。

その彼が今季、背中が重いと、よく口にしているという。
1970年代から、背番号1はヤクルトの看板野手に与えられました。
若松-池山-岩村-青木と続き、4年間は空きの状況でしたが、昨年、トリプル3を達成するなど、文句なしの山田が継承者に。
たぶん、その歴史の重さを感じているのでしょう。

オープン戦こそ打率1割台と不振をかこっていたものの、杉村コーチは

「全く心配をしていない。やることは、しっかり行っているし、バッティングは全く崩れていない」

そうタイコ判を押していたのです。
確かに、その通りでした。
打率3割5分3厘、セ・リーグトップタイのホームラン12本と、昨年以上の成績を残しています。

では、なぜオープン戦でいまひとつだったかといえば、キャンプでウエートを置いたのが守備だから。
バッティングは「さすが」という声が聞こえても、守備の拙さに首をひねっていたのが本音だったのです。
当然のように、そうした声は本人の耳にも届く。

「目標はダイヤモンドグラブ賞」と口にしました。

一方、すごいなぁと思うのは、アディダスのCMに起用されたことでしょう。
プロ野球選手では初、サッカー日本代表の香川と同様の扱いです。
こうなると、自然に鼻が高くなる選手が多い。
でも、山田は全く変わりません。
神宮球場ではグッズショップへも顔を出して「売れていますか?」と声をかける。

「やっぱり、自分のグッズが売れるとうれしい。もっとやらなくてはいけない、と励みになるから」

と話していました。

ちなみに、杉村コーチは

「あとはONになれるか、というところまできたと思う」

と前置きして

「どんな意味かといえば、ここで打ってくれ。その場面で期待に応えるのがONですからね」

と言っています。

山田に対して、ものすごい高評価をしているビッグネームがいます。
現在は、頸部の不安と右肩痛で登録を抹消しているものの、広島・黒田が大絶賛。
昨年、初対戦し「こんなすごい右バッターがいたとは」と心の底から驚いた。

セは今年も大混戦ムードでヤクルトは5位といっても、首位と3ゲーム差です。
山田哲人選手、このまま突っ走っていけるでしょうか?

(原文)青木政司

5月11日(水) 高嶋ひでたけのあさラジ!「スポーツ人間模様」

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.