新しい立体音源システム“HPL“の モニタリング型リスナー体験イベントを開催

ニッポン放送で放送している『上柳昌彦 あさぼらけ』では「ヘッドフォン&イヤホンでいい音を楽しもう」をテーマにアクティブシニアを対象とした、新しい立体音源システム“HPL”のモニタリング型リスナー体験イベントを開催する。

IMG_2953

参加リスナーはステレオヘッドホンもしくはステレオイヤホンで聴くことが出来るラジオを持参。
『あさぼらけ』番組テーマソングを作曲・演奏したギタリスト堀尾和孝氏をゲストに迎え、上柳アナによる“車いすのパティシエ”シリーズの秀作の朗読や堀尾氏によるライブ演奏を、新しい立体音源システム“HPL”で披露し、試聴後の感想をモニタリングする。

HPL音源とは
ヘッドフォンやイヤホンで音楽を聴く昨今、通常の場合アーティストが意図したミックスバランスの音楽を聴く事は出来ない。
そこで作られたのがヘッドフォンやイヤホンでもスピーカーで音楽を聴く時と同じ本来の自然なミックスバランスで音楽を楽しむことができる“HPL”(Headphone Listening)音源。

HPLの技術は、従来からあるバイノーラルプロセッシングを利用したバーチャル音場生成技術と基本的に変わらず、従来と異なるのは、音楽を聴く部屋の特性、そして人の耳や頭によって生じる音の変化を伝達関数として用い、作成したFIR(Finite Impulse Response)フィルターをポイントに、ヘッドフォンでスピーカー再生時と同じミックスバランスになる音場生成することが目的。そして音楽リスニングに耐えうる高音質も実現している。

図1

図2

図3

※“HPL®”は㈱アコースティックフィールドが開発した技術。

<『上柳昌彦 あさぼらけ』✕新しい立体音源システム“HPL”体験イベント>
2016年5月28日(土) 開始 15:00
ニッポン放送イマジン・スタジオ(千代田区有楽町)
出演:ギタリスト堀尾和孝、上柳昌彦

※番組リスナー6~70人招待制(予定)
応募方法など詳細は番組のホームページで案内している。